脳貧血ノウヒンケツ

脳貧血はどんな病気?
脳貧血とは、脳に血液が行きわたらないためにめまいなどを引き起こす病気です。このため、適度に目の状態を休ませることや、栄養分などをきちんと摂るようにする必要があります。また、脳の血液の流れを悪くする原因とは、精神的なストレスなどが原因になります。このため、ストレスなどを感じさせないように体調管理などを行う必要があります。


脳貧血の症状
「脳貧血(のうひんけつ)」は低血圧体質の方に多く、主な症状としては、めまい・血の気が引いたような顔色や皮膚の青白さ・冷や汗・手足の急な冷たさ・寒気・脈の遅さ(弱さ)・身体のだるさが見られます。「貧血」と勘違いされやすいのですが、ただの「貧血」とは違いますので注意が必要です。立ちくらみが酷い場合は“ただの「貧血」”と自己判断せずに医療機関を受診すべきです。

脳貧血の原因
脳貧血を起こす原因には体内の鉄分が不足することで起こります。体内の鉄分が不足すると全身に血液が回らなくなってしまうのです。これは食生活の乱れも関係します。鉄分を含む食品を十分に体内に取り込んでいない為に鉄分が不足しているのです。食べ物の好き嫌いは貧血にもなるのです。しかし例え食生活を気を付けていても逆立ち等無理な体勢は貧血を引き起こします。

脳貧血の検査と診断
脳貧血であるかどうかを判断するための検査方法には、いくつかの方法が挙げられます。まず患者の訴える症状を聞き取ります。この疾患が疑わしいと考えられる場合は、特定の状態で脳に血液が十分に循環しているかどうかを、画像診断で判定することができます。それに加えて、電気整理的な手法により、自律神経の検査を行うような場合もあります。

脳貧血の治療方法
だれもが一度は経験したことがあると思いますが、立ちくらみをおこす脳貧血にはどんな治療法があるのでしょうか。ひとつには自律神経の働きを高めることが効果があると言われています。お風呂に入った際に、熱いお湯シャワーと冷たいシャワーを全身に交互に浴びるという方法で自律神経の働きが活発になります。自律神経は睡眠不足でも低下するので十分な睡眠もたいせつです。

脳貧血の初診に適した診療科目

脳貧血の専門外来

脳貧血に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ