潰瘍カイヨウ

潰瘍はどんな病気?
潰瘍とは、上皮がなくなり、その下部の組織に至った状態のことをいいます。口腔、消化管、皮膚、陰部と様々な器官が対象となっています。それらの原因は感染症、物理的な刺激、免疫反応、飲酒喫煙やストレスによる粘膜保護作用の低下など様々です。消化性のものでは黒色便、吐血、腹部の痛みなどの症状を伴います。治療法に関しても様々ですが、外用剤での治療や薬物治療を行ったり、緊急では手術を行うこともあります。

潰瘍の症状
体のどこかに潰瘍ができると、その部分は基本的には炎症を伴いますので、大なり小なり痛みを感じるようなケースが多いと言われています。また、痛み以外にどのような症状があるかというと、それらが発生する場所によって異なるということが考えられますが、例えばそれが胃の中に発生したとすれば、いわゆるムカツキなどを感じるケースもあるようです。

潰瘍の原因
潰瘍を起こしやすい原因として強いストレスがあります。過度のアルコールや香辛料など刺激物も胃酸の分泌を促進して胃粘膜を弱らせます。直接的にはピロリ菌に感染していると発症しやすくなります。薬剤性の場合もあり、抗炎症剤や鎮痛薬、解熱鎮痛薬や咳止めなど日常的に利用している薬の中に服用していくうちに胃などに影響を受けやすい薬が多くあります。

潰瘍の検査と診断
胃潰瘍は精神的なストレスが原因であります。その病気であるか詳しい検査方法ですが、エックス線検査と内視鏡検査を組み合わせる事で、よりはっきりした病状が分かります。また内視鏡検査は、直接胃カメラを口から入れ、患部の大きさや病状、数などを詳しく観ることができます。それからは細胞を採取しすることで、良性か悪性かがはっきりと確定できます。

潰瘍の治療方法
胃や十二指腸といった消化器管にできている潰瘍の治療法はどんなものでしょう。昔は出来た部分を手術で切り取るという方法が一般的でしたが、効果的な薬が使用できるようになってからは切らずに治せるようになりました。患部からの出血が見られる場合はとにかく消化器を休めることが大切なので、入院して絶食をし、点滴をして安静にしておきます。粘膜を修復する薬で短期間で治癒できます。

潰瘍の初診に適した診療科目

潰瘍の専門外来

潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ