アナフィラキシー

アナフィラキシーはどんな病気?
アナフィラキシーとは、ハチ毒や食物、薬物等が原因で起こる、急性アレルギー反応のひとつです。アナフィラキシーは、じんましんや紅潮(皮膚が赤くなること)等の皮膚症状や、ときに呼吸困難、めまい、意識障害等の症状を伴うことがあり、血圧低下等の血液循環の異常が急激にあらわれるとショック症状を引き起こし、生命をおびやかすような危険な状態に陥ってしまうことがあります。これをアナフィラキシーショックと呼びます。アナフィラキシーを引き起こすきっかけには、ハチ毒アレルギー、食物アレルギー、薬物アレルギー等があります。最近では、この他にもラテックス(天然ゴム)によるアナフィラキシー等が注目されています。ひとくちにアナフィラキシー(アレルギー反応)といっても原因抗原(アレルゲン)や症状のあらわれ方は様々です。アナフィラキシーは、症状が急激にあらわれることから、即時型アレルギーに分類されます。日頃、皆さんがよく耳にする花粉症やアレルギー性鼻炎、気管支喘息等も即時型アレルギーに入りますが、アレルギー症状があらわれる部位は、鼻や気管支等、疾患により限定されています。それに対し、アナフィラキシーの場合は全身にアレルギー症状があらわれるのが特徴です。


アナフィラキシーの症状
薬物アレルギーの治療の原則は、疑わしい薬物をただちに中止することにつきます。中止すれば、だいたいの症状は、数日のうちに自然に治ってしまいます。ただ、薬によっては急にやめることで、本来の病気の治療に影響がでることもあります。自己判断でやめさせたりせず、必ず医師に相談したうえで中止するようにしてください。症状が強い場合は、抗ヒスタミン薬やステロイド(副腎皮質ホルモン)剤などを使う必要がありますが、ほかのアレルギーのように長引くことはないはずです。

アナフィラキシーの治療方法
薬物アレルギーを防ぐには、一度アレルギー症状をおこした薬は二度と使わないようにします。名前がちがっていても、同じような作用をもつ薬はたくさんありますので、医師の処方を受けるときは、そのメモを見せて相談するとよいでしょう。なお、薬物アレルギーをおこしやすい薬物として、ペニシリンやセフェム系などの抗生物質、アスピリンやインドメタシンなどの解熱鎮痛薬、サルファ剤や抗結核薬などの科学療法薬、X線造影に使う造影剤、局所麻酔薬などがあります。

アナフィラキシーの初診に適した診療科目

アナフィラキシーの専門医

アナフィラキシーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ