結石ケッセキ

結石はどんな病気?
結石の発生する病気の場合、人間の尿管で尿が通っていく時に石が詰まります。石が出来る要因は、腎臓で精製されるシュウ酸カルシウムなどのかたまりの事です。石が腎臓を通っているときは痛みが生じないが、尿管を通っている時に激痛を伴うのが特徴です。尿管を通る時に尿管の壁を傷つけてしまうと、尿管からの壁からの出血による血尿の症状が出ます。


結石の症状
結石ほど、二度とかかりたくないと言われる病気はないでしょう。と言うのもその症状があまりにも激しい痛みを起こす病気だからです。経験者は体験を生々しく語ります。尿はにごり、血尿になる事も多くみられます。また頻尿になる場合もあります。痛みは出来た場所によって痛み方も違い、腎臓にできた場合などほとんど痛みは、感じられません。尿管に出来たり入ると、発作的激痛に、見舞われます。

結石の原因
尿路結石とは尿路の部分にカルシウムなどの塊の石が詰まって痛みを発する病気ですが、その原因は様々だといわれています。シュウ酸という物質が多く入っている物を飲食すると石ができやすいといわれていて、シュウ酸はほうれん草、お酒、枝豆など多くの食べ物に含まれています。しかしこれら全て食べないでいると栄養が偏ってしまいます。そこで効果的なのが水を飲む事です。水で体内を洗い流し、石が小さいうちに外へ出すのです。

結石の検査と診断
体の中に結石があるかどうかを検査する方法は、いくつかありますが、最も確実だと考えられているのがエコー検査です。その他の検査方法と比べて、体の中の状態を画像としてとらえることができますので、検査する医師が直接自らの目で見て判断をすることができます。そういう意味では、単純ではありますが、最も確実な方法であると考えられます。

結石の治療方法
結石の治療法は、手術と衝撃波を使ったものがあります。また、自然に排出される場合もあり、その場合は痛み止めを使って対処する場合があります。これは排出する際に痛みが伴う可能性が、非常に高いためです。衝撃波の場合は、手術なしで可能というメリットがあります。ただし大きい場合は、手術をしないと対処ができないといったケースがあります。

結石の初診に適した診療科目

結石の専門外来

結石に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ