アポトーシス

アポトーシスはどんな病気?
アポトーシスは、プログラムされている細胞死の事を言います。紫外線などの外敵によって細胞が死ぬのではなく、内部の遺伝的な信号によってあらかじめ死がプログラムされていることを言います。自殺する細胞と言い換えても良いもので、がん細胞の分裂などを抑えるためには意図的にこうした細胞の死がもたらされないと病気が進行してしまう危険性があるので、非常に重要なのです。


アポトーシスの症状
アポトーシスとは「細胞の自然死」のことで、あらかじめプログラムされた細胞死の症状を指します。生存に不利になると自滅するように、個々の細胞には自滅用酵素が用意されおり、それが遺伝子を切り刻んで細胞を消滅させる仕組みです。例えば脳梗塞でも血流不全によって脳細胞が壊れますが、これはネクローシスと呼ばれ瞬間的に死滅するものです。

アポトーシスの原因
アポトーシスは多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の1つです。原因は細胞自身が個体をより良い状態を保つために管理・調節された細胞の自殺(プログラムされた細胞死)を積極的に行うからです。これは、細胞膜の構造が変化することから始まり、核が凝縮しDNAが切断し、細胞が分解するという過程があります。多細胞生物の体はこれによって大抵の癌化した細胞が取り除かれ、傷も深刻化せず消滅します。

アポトーシスの検査と診断
アポトーシスは受精卵から成長する間にも発生している細胞の死です。検査方法は主に顕微鏡での形態観察です。最も単純な方法ですが長い時間と労力が必要となります。そのため代わりとなる方法として、細胞内・外で生じる現象を生物学的に検出することが一般的になっています。これには細胞膜の変化を利用した方法、本現象特有の酵素活性を利用した方法、核の断片化を利用した方法があります。

アポトーシスの治療方法
アポトーシスは、それそのものには問題はありません。体内の細胞が、より良い身体の状態を形成しようという目的で細胞が自殺しているためです。近年、この現象を医学的に応用してきた結果、がん細胞にこれを適用させ、それによってがん細胞の数を減らすということが可能になってきています。この治療法を、がんの自然治癒力療法、と呼ぶことがあります。

アポトーシスの初診に適した診療科目

アポトーシスの専門外来

アポトーシスに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ