生活習慣病セイカツシュウカンビョウ

生活習慣病はどんな病気?
生活習慣病とは、生活習慣によって発生する病気のことです。このため、生活習慣などを改善する必要があります。このため、その原因になるものなどを調査し、病院などに行って相談することによって、医師からアドバイスを受けることができます。また、そのアドバイスをきちんと守り、自分自身の生活に取り入れていくことによって、治すことができます。


生活習慣病の症状
生活習慣病の症状は、 ・最近太ってきた や食べても食べてもやせる ・食欲がありすぎていくらでも食べら れる ・甘いものが急にほしくなる ・とても喉がかわく ・視力が落ちた気がするなどさまざまありますが、ありきたりな理由ばかりです。ですから、なかなか、病気に気づかない場合が多いです。ですから日頃の体調管理と、健康診断が大切になります。

生活習慣病の原因
生活習慣病とは、その名の通り普段の生活習慣が発症や進行に深く関わっています。主な原因としては不規則な生活や食生活の乱れがありますが、夜更かしをして睡眠不足になったり、元々和食中心だった日本人ですが食の欧米化によって、野菜や魚を食べる機会が減ったなどですね。また、ストレスや喫煙、飲酒、運動不足などがあげられます。交通の便が発達した今は、歩いたりすることが減ったことが運動不足になると考えられます。

生活習慣病の検査と診断
生活習慣病の検査の基本は、一般の健康診断からです。まず問診で自覚症状を確認します。一般の健康診断の検査方法としては、血液検査、理学的検査、尿検査、眼底検査、心電図、血圧測定があります。血液検査では、中性脂肪、赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット、GOT、GPT、尿酸などを調べます。ヘモグロビン量、赤血球数、ヘマトクリットは貧血のチェックです。GOT、GPTとかは、肝臓病。尿酸は、痛風。

生活習慣病の治療方法
生活習慣病の治療法は素人判断せず、信頼できる専門医の指示を受けることが大切です。最初に病気の進行度合いを正確に把握し、入院、通院、経過観察なのか見極めることです。通院や経過観察のような軽度の場合は本人の治すという強い意志が求められます。薬漬けになることは避け、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えて粗食と運動に努力すべきです。

生活習慣病の初診に適した診療科目

生活習慣病の専門外来

生活習慣病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ