耳鳴りミミナリ

耳鳴りはどんな病気?
耳鳴りとは、実際には何の音もしていなのにもかかわらず、何かが聞こえているかのように感じる現象のことです。聞こえる音は「キーン」や「ジー」といった言葉で表現されることが多いです。単に疲れからくるものもありますが、突発性難聴の前兆や、脳梗塞の予兆として起こることもあるので軽視してはいけません。普段より長く続くようであれば受信がすすめられます。


耳鳴りの症状
耳鳴りの症状は個人差がありますが、「キーン」とまるで耳の穴の中に水が入ってしまった様な感覚に陥って本来鳴っていない「キーン」という特徴的な音が聞こえます。耳の穴の中が詰まった感覚もあり、それによって何らかの繊細な音が聞こえてしまったり、過剰に聴覚が反応して「シャン」という音が生活しているうえで聞こえてきたりする場合があります。

耳鳴りの原因
耳鳴りの原因には、生理的に起こるものやストレスから起こるもの、何らかの病気で起こるものなど様々です。そのため、ストレスで自律神経が乱れることで、体の不調のひとつとして現れることもあれば、放っておくと命の危険にも繋がる病気が隠れていることもあります。また、肩凝りや高血圧、歯の噛み合わせの悪さなどが影響している場合も考えられます。

耳鳴りの検査と診断
耳鳴りとは実際に鳴っていない音が聞こえる現象のことです。特に中耳炎や内耳炎などの発症などにより内耳がはがれてリンパ液が溜まってしまい、体の中から音が聞こえるものはメニエール病といわれています。検査方法には音叉やオージオメーターなどを使います。音の高さや大きさに変化を加え、自分の症状に近い音に鳴ったところで患者さんに教えてもらうという方法です。

耳鳴りの治療方法
耳鳴りと診断されたときに病院で実際に行われている治療法は基本的には薬物治療によって症状を和らげていくと言う事を目的にしていますので、ビタミンの不足や、ストレスなどでおこっているのではないかと診断されれば、それに効果のあるビタミン剤の処方や安定剤などが処方されるのです。ほかに病気が見つかればそれを治療する薬もだされます。

耳鳴りの初診に適した診療科目

耳鳴りの専門外来

関連部位から他の病名を探す

耳鳴りに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ