妊娠中毒後遺症ニンシンチュウドクコウイショウ

妊娠中毒後遺症はどんな病気?
妊娠中毒症により、分娩後1ヵ月以上にわたり、高血圧,タンパク尿、まれに浮腫が出る症状があります。妊娠中毒症後遺症は妊娠中毒症のなかでも高血圧型,とくに重症例や長期持続例に多く、次回の妊娠のときに、前回より、悪化し、重症な妊娠高血圧症候群になる場合や、高血圧やたんぱく尿が一生続いてしまう場合もありますので、早期に対応していくことが必要です。


妊娠中毒後遺症の症状
高血圧,タンパク尿、まれに浮腫、けいれん発作

妊娠中毒後遺症の原因
原因ははっきりとわかっていませんが。リスクが高いには、高血圧の人や家族に高血圧の方がいる人、体重が多い人、年齢が高い人。です。また、妊娠中に体重管理が重要です。

妊娠中毒後遺症の治療方法
高血圧が続く場合は、血圧を下げる薬を処方し、蛋白尿については、ほとんどの場合は産後1年以内になくなります。

妊娠中毒後遺症の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

妊娠中毒後遺症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ