敗血症ハイケツショウ

敗血症はどんな病気?
敗血症とは、どんな病気なのでしょうか。血液に細菌が入り、それが身体中を巡ってしまい身体の抵抗力を奪ってしまい、更に症状が悪化すると、肺や腎臓などの身体にとって大切な役割をしてくれる臓器も蝕まれてしまうのです。また、血液中に細菌が入るだけでは発症されたとはみなされず、細菌が血液と共に身体中を周り悪影響を及ぼし、初めて診断される病気です。なかなか耳慣れない病名ですが、勘違いのないようにしましょう。


敗血症の症状
敗血症の症状には、発熱、低血圧、脈拍数の増加、意識障害が起こることがあります。発熱に関しては、高熱が出た後すぐに平熱に戻り、また高熱が出るなど不規則です。重症化すれば逆に体温が低下します。臓器が不全状態になってしまう、多臓器不全を起こす可能性もあります。体の炎症を起こしている部分から、その病原菌が全身に回ってしまうため、重篤な状態になってしまいます。

敗血症の原因
敗血症を発症する原因はさまざまありますが、最も多いのはけがや炎症による細菌の増殖です。増えた細菌が体中に広がり、いろいろな臓器に感染していきます。からだが健康であれば発症はしにくいと考えられていますが、何らかの理由で抵抗力が衰えたり、大きなけがなどで侵入した細菌の威力が強い場合、自然治癒力では抑えきれずに発症することがあります。

敗血症の検査と診断
敗血症の検査方法は、血液検査にて白血球の増加やCRP上昇などの炎症反応の増加を確認します。場合によっては白血球は逆に減少する場合もあります。さらに、血中エンドトキシンが検出されることもあります。障害を受けた臓器によっては、肝機能障害や腎機能障害も認められます。また、発熱時は、原疾患の病巣からの細菌培養し原因菌の探索を行います。

敗血症の治療方法
敗血症は、細菌による病気がもとで血液中に細菌が増殖し、その毒素により中毒を起こしたり血液循環によって、二次的にほかの臓器に感染を起こす病気です。その治療法には、適切な抗生物質や化学療法薬を使用することが一般的です。また、原因菌を探し出したり、可能ならば病巣の外科的処置により、原因を取り除きます。骨髄や関節・脳などに膿瘍ができると慢性化し、治療が長引くので入院治療を受けましょう。

敗血症の初診に適した診療科目

敗血症の専門外来

敗血症の専門医

敗血症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ