ジストニア

ジストニアはどんな病気?
脳や神経の障害によって、筋肉が硬くなってしまったり収縮することが続く病気のことをジストニアといいます。筋肉が自分の思い通りに動かせなくなりますが、それによって知能に影響はなく、また直接生命の危機に瀕する病気ではありません。発生部位も全身に及ぶ人から局所的に発生する人まで様々で、発症年齢も子供の頃から発生する人と大人になってから発生するひとまで様々です。


ジストニアの症状
ジストニアは身体の筋肉が本人の意思に反して勝手に動いて、震えてしまったり、不自然な方向へ曲がってしまったりする事をいいます。範囲は局部だけの人もいれば、広範囲に渡って現れる人もいます。その症状には様々なものがあり、首が横に不自然に曲がってしまったり、上手く声を出せないと言った事もあてはまります。書痙のようにある動作のみ上手く動かせないと言ったものも、これに当てはまります。

ジストニアの原因
ジストニアという病気は、いわゆる運動障害の一種であり体全身が硬直したり痙攣したりする症状がでたりします。これになる原因は、あまり多くの方がなっている病気ではありませんが実際にこの病気を持っている人はいらっしゃいますのでなってしまうと怖い病気でもあります。もしなってしまったらかなり病院などの医療機関に足を運んで治療に専念しなくてはいけないですがよくはなりますので治療をしましょう。

ジストニアの検査と診断
ジストニアの検査方法は、CTスキャンや脳波を測定することから始めます。筋電図や血液検査を行う場合もあり多角的に検査します。CTスキャンや筋電図で特徴的な反応が見られないと脳や血液も調べますが、最初からすべての検査を行うこともあり、これらにMRIを加える検査もあります。これらでも原因がわからないと遺伝性を疑い遺伝子検査します。

ジストニアの治療方法
ジストニアの治療法は、現在では確立されていませんが、抗コリン剤やその他、治療薬で改善されるケースはあります。医師の判断にしたがって行動したり、オンラインから国内ではあまり使用されていない治療薬を取り寄せて改善したといったケースもあります。また現在では実験段階ですが、脳内に電極を入れて、刺激を改善治療を行うといった方法が研究されています。

ジストニアの初診に適した診療科目

ジストニアに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ