萎縮性胃炎イシュクセイイエン

萎縮性胃炎はどんな病気?
萎縮性胃炎は定期検診で診断されることも多くあります。胃の粘膜が薄くなり周りの血管が透けて見えたり、収縮している状態です。一度かかると治らないとされますので痛みなど症状が出ない場合もありますが、胃がんの原因になりますので診断を受けたら年1~2回定期的な検査を受けるようにします。ピロリ菌の除菌も行い、慢性胃炎にならないようにします。


萎縮性胃炎の症状
萎縮性胃炎の症状には何があるのでしょうか。これには胃の老化による粘膜が薄くなることが考えられます。この病気には経度の病状、中等度の病状、そして重度の病状と段階的な悪化のプロセスがあり、重度の病状では胃がんが発生してしまうなどが起こります。また、ピロリ菌などの感染によって起因する場合が多く、胃が弱るというのも特徴の一つです。

萎縮性胃炎の原因
萎縮性胃炎の原因は、日頃からの慢性的な胃炎の積み重ねであり、それによって胃壁が萎縮してしまって機能が低下してしまいます。ストレス、アルコール、喫煙、刺激物などが胃を傷めて胃炎を引き起こすとされますが、加齢による機能低下も考えられています。また、日本の場合はヘリコバクター・ピロリ、つまりピロリ菌がかなり関わっていると言えるでしょう。

萎縮性胃炎の検査と診断
萎縮性胃炎の検査方法では、健康診断の内視鏡検査やバリウム検査でも病状が疑われることがあります。正確に診断するには血液検査で血液中に含まれるペプシノゲンを測定して慢性胃炎の進み具合を検査します。胃粘膜の萎縮性変化を鋭敏に反映して萎縮の進行に検査に有効です。胃がんの発症も考慮してピロリ菌の検査を同時に受けることがあります。

萎縮性胃炎の治療方法
萎縮性胃炎の検査方法では、健康診断の内視鏡検査やバリウム検査でも病状が疑われることがあります。正確に診断するには血液検査で血液中に含まれるペプシノゲンを測定して慢性胃炎の進み具合を検査します。胃粘膜の萎縮性変化を鋭敏に反映して萎縮の進行に検査に有効です。胃がんの発症も考慮してピロリ菌の検査を同時に受けることがあります。

萎縮性胃炎の初診に適した診療科目

萎縮性胃炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ