淋病リンビョウ

淋病はどんな病気?
淋病とは、淋菌の感染によって発症する性感染症の一つです。咽頭、性器、直腸などの粘膜全般に感染しうるもので、特に男性の尿道に感染した場合、尿道炎を発症し膿の発生や強い痛みを伴います。クラミジアと同時感染している場合も多く、一時的な痛みの沈静化に油断し放置していると腹膜炎や不妊といった重篤な症状に進行することもあります。一方で抗生物質や注射で比較的簡単に治療を行うことが可能です。

淋病の症状
淋病に感染すると約数時間から数日で発症し、性器のほかに喉や眼、直腸などに感染していきますが、自覚症状がない場合も多くます。女性の場合は、膣から子宮の部分に炎症を起こし、おりものに量や匂いの変化が現れます。男性の場合は尿道に感染することが多いことから、放尿の際に強い痛みを感じ、膿が出ます。放置しておくと体内に拡大し、女性の場合子宮がん妊娠や不妊の原因に、男性の場合は無精子症になることもあります。

淋病の原因
淋病はほぼ100パーセント性行為による感染が原因と見て間違いはありません。性行為による感染パターンにはいくつかありますが、一般的な性器同士の接触に伴う感染とは別に、最近増加してきている感染パターンにオーラルセックスが挙げられます。オーラルセックスとはフェラチオやクンニリングスといった口で相手の性器を愛撫する行為の事で、これらにより口腔内に感染し長目の潜伏期間を経て発症するケースが増えています。

淋病の検査と診断
淋病は性感染症として知られており近年、日本でも若い世代を中心に広がりを見せています。この病気の検査方法は、採血をして血液検査をしてみる方法となります。この検査で要請となれば、この菌に効果がある抗生物質を投与することでかなりの確率で完治することができます。もし完治しない場合は、他の臓器に菌が転移してしまう可能性があるります。

淋病の治療方法
淋病は、早く発見して適切な治療をすれば、比較的すぐに完治しやすい病気です。治療法は、主に抗生剤を用います。内服、筋肉注射、静脈注射などの方法を組み合わせます。淋菌は抗生物質に対して耐性菌を作りやすく、もし耐性菌に感染していた場合は長期の治療が必要となってきます。症状がなくなっても体の中で菌が生きていますので、自己判断で抗生剤の投与をやめてはいけません。完治するまでしっかり治療することが大切です。

淋病の初診に適した診療科目

淋病の専門外来

淋病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ