症状精神病ショウジョウセイシンビョウ

症状精神病はどんな病気?
症状精神病(しょうじょうせいしんびょう)という病気についてです。脳の病変による器質精神病といわれる慢性の精神障害があります。原因としては、神経梅毒・髄膜炎・脳炎などの炎症性疾患、脳腫瘍、脳血管障害、変性疾患、頭部外傷などがあります。他には、尿毒症、肝疾患、糖尿病、膠原病、血液疾患、心疾患、肺疾患、ビタミン欠乏症、感染症、内分泌疾患、妊娠時、などが症状の起こる原因となる疾患といわれています。

症状精神病の症状
症状精神病とは、脳以外の体の病気がありその影響で脳に障害が起こり、精神異常が現れるものを指します。主なものは意識障害です。病気の現れ方はぼんやりするのが軽度の場合で、情緒不安定となったり幻覚を引き起こすのが重度の場合となります。検査と診断は、通常の生活を送っていた人がごく短期間のうちにおかしな行動をとるようになると可能性が高いです。治療法は専門医の診察を受けることです。

症状精神病の原因
症状精神病の原因は多々ありますが、主にうつ状態の患者に多く引き起こされる点が挙げられます。また精神障害以外の要因としては、栄養障害、代謝機能の未発達や障害を患っている方も多く引き起こされます。その他にも投薬による副作用が要因となったケースや、脳障害時の後遺症、感染症を患ったために精神病を伴って発症したケースもあります。

症状精神病の検査と診断
症状精神病の検査方法については、まずは問診から開始しますが、通常の問診よりも詳しい、カウンセリングの形をとった詳細なものを行い、充分に話を聞きとります。時には患者だけではなく、家族などの患者周辺者からのリスニングを行うこともあります。血液検査および尿検査を行うことで、いったいどのような体内要素が影響しているのかを突き止めます。

症状精神病の治療方法
症状精神病の治療法は、主に投薬(補液)とカウンセリングになります。抗精神病薬は憂鬱抑制や不安や興奮といった症状に対して用いられます。代謝および栄養障害を随伴させる疾患の場合では補液などで対処します。これは脳を含む全身の代謝を改善させることをを目的として行われ、非常に大事なことです。この病気は、基礎疾患が見通しに影響を及ぼし、重度の場合再発します。軽度の場合は病気の改善と共に症状も消えていきます。

症状精神病の初診に適した診療科目

症状精神病の専門外来

症状精神病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ