特発性間質性肺炎トクハツセイカンシツセイハイエン

特発性間質性肺炎はどんな病気?
特発性間質性肺炎とは、肺の中の肺胞壁に原因不明の炎症が広い範囲にわたっておこり、肺胞壁が線維化し、壁が厚くなる病気です。原因としては、ウイルスによる感染や粉塵の吸入と考えられています。症状としては、たんのないせきや息切れが徐々に現れてきます。場合によっては、ばち指と呼ばれる指先の変形が見られることもあります。治療としては、抗生物質が使用されます。


特発性間質性肺炎の症状
特発性間質性肺炎にかかるとどのような症状が出るのでしょうか。この病気に感染した初期段階では、痰の出ない咳が増え、運動時の息切れなどを起こします。病状が進行すると、痰が増加し、薬の効きにくい頑固な咳が続くようになります。息切れが日常生活でも起こるようになり、動くのが大変になります。また、チアノーゼやばち指がみられるようになります。

特発性間質性肺炎の原因
特発性間質性肺炎にかかるとどのような症状が出るのでしょうか。この病気に感染した初期段階では、痰の出ない咳が増え、運動時の息切れなどを起こします。病状が進行すると、痰が増加し、薬の効きにくい頑固な咳が続くようになります。息切れが日常生活でも起こるようになり、動くのが大変になります。また、チアノーゼやばち指がみられるようになります。

特発性間質性肺炎の検査と診断
特発性間質性肺炎はその発症原因を特定することができない間質性肺炎のことをいいます。この疾患の診断に用いられる検査方法は、既往歴、職業歴、家族歴及び喫煙歴といった問診、肺機能検査、血液検査等の臨床検査、コンピュータ画像、X線画像データ及びその変化、病理検査などで、これらから得られたデータを総合的に勘案して診断が下されます。

特発性間質性肺炎の治療方法
特発性間質性肺炎は難病として基本的治療法がないものと諦めず、一般的に息切れしない運動を努めていきましょう。運動中心臓に負担がかかるほどの低酸素状態になる危険を避けるため、指先で動脈血酸素飽和度測定ができるパルスオキシメーターで示される値が90%であることを確認しつつ、歩行などの運動を継続されることが望ましいです。飽和酸素濃度が90%以下のときには運動を休み、回復してから再度運動します。

特発性間質性肺炎の初診に適した診療科目

特発性間質性肺炎の専門医

特発性間質性肺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ