性感染症セイカンセンショウ

性感染症はどんな病気?
性感染症とは性行為によって感染し発症する病気の事で、オーラルセックスによって感染した病気の場合もこれにあたります。
様々な病気がこれにあたるため、必ずこういった症状がでるという事はありませんが、性器で違和感を感じる事が多く、同じ病気でも男女で症状に差があるため、パートナーが感染に気付かず移してしまう事が多いです。

性感染症の具体的な種類としては、淋病クラミジア梅毒ヘルペス、尖圭コンジローマ、エイズ、トリコモナスなどがあります。

性感染症の症状
性感染症の症状は、その病気によって大きく異なるため、多岐に渡ります。

自覚しやすいものとしては、感染してからすぐに性器のかゆみや痛み、出来物ができます。
排尿時に痛みや灼熱感が起きて気付くこともありますが、早期治療が可能です。

それに対して自覚しにくいものは、長い潜伏期間を経て徐々に進行し、気付いた時にはかなり重くなっていることが少なくありません。
放っておくと命にかかわるものまで様々です。

性感染症の原因
性感染症の原因としては、性行為を行うことで感染します。また、性行為だけでなく、口や手による愛撫からでも感染する恐れはあります。

そして、膣性行、口腔性行、肛門性行などあらゆる性行為からも感染します。

また、この病気には様々な種類があり、一部の感染症の場合には、免疫機能が落ちることで体内に細菌やウイルスが増殖して発症に至るケースもあります。

性感染症の検査と診断
性感染症といっても色々あり、それによって検査方法も変わります。大まかに分けると、血液検査と膣分泌液検査、尿検査に分けられます。

尿検査や膣分泌液検査で結果が得られるものは、クラミジア、淋病、カンジダ、トリコモナス膣炎があります。血液検査で結果が得られるものは、エイズ、梅毒があります。
目視で確認できるものは尖圭コンジローマ、性器ヘルペスがあります。

性感染症の治療方法
性器に痒みや痛みを感じた時は、ペニシリン系の抗生物質の投与で性感染症を治すことが出来ます。

治療を受けいる期間は飲酒や喫煙を避けることで、短期間で性病を治すことが出来るようになります。
ペニスから膿が出てくる症状があらわれた時は、泌尿器科に通って手術を受けることでペニスの異常を治すことが出来ます。
他にも、抗生物質を内服して行なう治療法があります。

この病名の監修医師

新宿駅前クリニック

 

蓮池林太郎(はすいけ りんたろう) 院長先生

 

160-0023 東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F
03-6304-5253

 

【診療科】内科・皮膚科・アレルギー科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・性感染症内科

性病 新宿駅前クリニック
性病 医療法人社団SEC 

性感染症の初診に適した診療科目

性感染症の専門医

性感染症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ