性器ヘルペスセイキヘルペス

性器ヘルペスはどんな病気?
性器ヘルペスとはSTD(性感染症)の一種です。ヘルペスウイルスにより発症する感染症です。ヘルペスウイルスには二種類あり、下半身に症状がでるものや、口など上半身に症状が出るものがあります。この病気は、感染しても約60%の人は発症しません。症状としては性器に赤いぶつぶつや水ぶくれなどができます。初感染の場合は症状が重く再発の場合は症状が軽いのが特徴です。

性器ヘルペスの症状
性器ヘルペスは、女性は外陰と膣の入り口、男性は亀頭、包皮、陰茎体部に最も多く見られます。ウイルスに潜伏期間があり、感染後2~12日程度で発症します。症状は、ひりひり感やむずがゆさ、痛みなどがあり、赤いブツブツができ、水ぶくれになり、それが潰れて潰瘍になります。初感染の場合は、激しい痛みを伴います。免疫力の低下や局所的な損傷などで再発を起こしますが、初感染の時より痛みは軽減します。

性器ヘルペスの原因
性器ヘルペスの原因は主に人との接触です。初感染の場合は、ほとんどが性行為でうつります。風邪などのような感染ではうつることは絶対ありません。セックスの相手の性器にできていたヘルペスが主な感染源となります。口唇ヘルペスのウイルス が性器に感染し、発症することも あります。そういう場合は口でおこなう行為も控えたほうがよいのです。

性器ヘルペスの検査と診断
性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスによって感染する性感染症のことです。この病気の検査方法としては、血液検査を行い血中に単純ヘルペスウイルスがあるかどうかを調べることでほぼ100パーセント診断することができるのです。また性交によって感染する病気なので、問診により不特定多数と性交をしているかどうかを効くことでも判明します。

性器ヘルペスの治療方法
ヘルペスウィルスに対する飲み薬や、塗り薬で治療を行なう性器ヘルペス。初発の場合であれば、5日から10日間の投薬が必要になってきます。重症になってしまった場合であると、抗ウィルスの点滴が必要になることや、排尿をする際に管を入れるなどという治療法になってしまうこともあります。再発は体力や免疫力が衰え、繰り返しやすくなると言われています。出来るだけ、規則正しい生活を送り免疫力をつけておきましょう。

性器ヘルペスの初診に適した診療科目

性器ヘルペスに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ