涙嚢炎ルイノウエン

涙嚢炎はどんな病気?
慢性涙嚢炎とは、涙を溜める部位である涙嚢が炎症を起こす症状のことです。主に細菌の感染から発症することが多く、常時涙目の状態が続き慢性的に目ヤニが付着します。特に風邪などで免疫力が低下した際に起こる可能性が高く、放置すると角膜にまで感染して角膜腫瘍となります。治療方法は抗生物質の服用や消毒液による目の洗浄が一般的ですが、症状が重い場合は手術を行う場合もあります。


涙嚢炎の症状
涙嚢炎には、急性のものと慢性のものがあります。片方の目におこることが多いです。症状としては、慢性では目やにや涙がよく出て、目頭を押さえると膿が出てきます。急性の場合は、涙嚢のあたりが腫れて痛みがあり、目は赤くなり、涙や目やにが出て、ひどい時には発熱が出たり、顔がはれる時があります。視力が低下したり、結膜炎や角膜潰瘍を引き起こしたりする時があります。

涙嚢炎の原因
涙嚢炎の原因は、涙道の閉塞です。涙道が閉塞した場合涙が停滞することになるため、細菌に感染することによって炎症を起こすことになります。先天的に涙道が閉塞している場合がある一方で、後天的な要因によって涙道が閉塞することもあります。鼻炎や蓄膿症といったような鼻の病気、あるいは結膜炎のような目の病気を引き金として、涙道の閉塞を招く事があります。

涙嚢炎の検査と診断
涙嚢炎の一般的な検査方法として行われているのが、 涙点から細い針を使い生理食塩水などを注入して、鼻やのどの奥に流れてくるかどうかを調 べます。これを涙道洗浄、涙洗 といいます。閉塞があった場合には、注入した液が逆流してきま す。涙嚢にうみがたまっている場合ですと、うみが逆流 して洗い流されます。この、検査を行う際、細い針を使用しているため、痛みはありません。

涙嚢炎の治療方法
涙嚢炎の治療は急性と慢性で異なった治療法をします。急性では抗生物質を投与して治療します。もし膿瘍が出来た場合は外科手術で切開し、内容物を排出します。慢性では抗生物質や消毒液で涙嚢を洗浄するか、針金を通して開通させたりしもますが、こちらは一時的で根治しにくいです。涙嚢を取り出す手術か、涙嚢から鼻腔へ別の涙の道を作る手術をしないと根治は難しいです。

涙嚢炎の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

涙嚢炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ