唾液腺腫瘍ダエキセンシュヨウ

唾液腺腫瘍はどんな病気?
唾液腺腫瘍は全ての唾液腺に発生する腫瘍で、特に耳下腺に最も多く表れます。腫瘍が表れた部位により、耳下腺良性腫瘍、耳下腺癌、顎下腺悪性リンパ腫と呼ばれ方が変わります。唾液腺を構成する細胞が腫瘍化するのが原因で、良性の場合は外科的切除か経過観察で、悪性の場合は完全切除や頸部リンパ節郭清に加え、補助的な意味合いで化学療法・放射線治療もします。


唾液腺腫瘍の症状
唾液腺腫瘍の症状は、通常、耳の下やあごの下にしこりができ、急速に腫れてきます。以前からあった、良性の腫瘍が、悪性化して急に大きくなることもあります。痛みや顔面神経の麻痺を伴う場合は、がんの可能性が高いです。くびのリンパ節に転移が起こることもあります。もし、こういったことがあるのなら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。顔面神経が走っているため、顔面麻痺が見られることがあります。

唾液腺腫瘍の原因
唾液腺腫瘍とは大唾液腺、顎下腺、舌下腺や小唾液腺にできる腫瘍のことです。9割は大唾液腺にできます。原因は解明されておりません。症状は良性の物ならば自覚症状がなく、もしあっても触ってこぶがあると認識するだけです。悪性の場合は自覚してから大きくなるスピードが速く顔面神経の麻痺をしたりします。検査は触診やエコー検査CT、MRI検査が主流です。治療は手術が必要です。

唾液腺腫瘍の検査と診断
唾液腺腫瘍の検査方法は、唾液腺の腫れなどがある場合には、超音波検査や触診、CT検査、PET/CT検査、MRI検査、細胞診断、血液検査などの検査を行い腫瘍かを初めに診る必要があります。また治療にあたり良性か悪性かを見極めるのも大事で、悪性腫瘍ならば、他の悪性疾患と同様にリンパ節転移、骨転移、肺転移などをきたして命に関わる場合もあります。

唾液腺腫瘍の治療方法
唾液腺腫瘍の治療法は、良性腫瘍の場合は外科手術による切除もしくは経過観察を行います。悪性腫瘍の場合は外科手術による完全切除や拡大切除、頸部リンパ節郭清に加えて、手術後に化学療法や放射線治療などを行う場合もあります。顔面神経に癌が入り込んでいる場合には神経も切除して神経移植を行う場合もあります。リンパ節転移が認められる場合には、頸部のリンパ組織を取り除く頸部郭清術を行います。

唾液腺腫瘍の初診に適した診療科目

唾液腺腫瘍の専門外来

関連部位から他の病名を探す

唾液腺腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ