骨髄炎コツズイエン

骨髄炎はどんな病気?
骨髄炎とは骨の中に悪い菌が入ってしまい、骨が弱くなっていく難治性の疾患です。検査には血液検査とX線検査があります。治療には抗生物質を4週間~8週間静脈注射をします。治療には安静が絶対となります。無理に動こうとせずに、リラックスをしておくと良いです。初期のものであれば上記のような治療方法を行う事がかのうですが、後期のものとなると大変です。


骨髄炎の症状
骨髄炎の症状は慢性的に続く人もいれば急になる急性の場合があります。ケガをしたときに細菌が入り炎症起こすことがあり発熱や嘔吐などを引き起こし風邪に似た状態になることがあり子供でも皮膚が晴れ上がったり痛みを伴い赤くなります。高熱が出たときには炎症起こしてる部分の痛みを鎮めるとともに動かないように固定する必要もありますから抗生物質で細菌をなくす治療をします。

骨髄炎の原因
骨髄炎となる原因は、骨髄に細菌が入り込むことで発症しますがその感染経路としては、骨折などをしてそこから細菌が骨髄に侵入したり、体の別の場所に感染巣があり血液を介して骨髄に侵入するなどのパターンがあります。病気の進行により膿がたまり、骨への血流が妨げられることで骨壊死や腐骨を引き起こします、またそうしたことから抗生物質が効きにくくなります。

骨髄炎の検査と診断
骨髄炎の検査方法をとしては大きく4つの検査を行っていきます。まず行っていく検査が血液検査です。炎症の指標として検査されていきます。つぎに細菌検査を行っていきます。排膿している場合には簡単に行う事ができる検査になります。画像検査とよばれるものもやっていきます。単純X線写真や骨シンチグラム、CTやMRなどもおこなっていくことになります。

骨髄炎の治療方法
骨髄炎の治療法は、抗生物質の点滴です。抗生物質を早期に投与することによって、細菌の増殖抑制や滅菌を行います。しかし、抗生物質の投与で改善が見られないようであれば、手術によって治療を行います。抗生物質が届かないような壊死した骨の部分を切除し、根本的な治療を行います。他には、高圧酸素療法も他の治療に合わせて行われることがあります。

骨髄炎の初診に適した診療科目

骨髄炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ