へノッホ・シェーンライン紫斑病ヘノッホ・シェーンラインシハンビョウ

【へノッホ・シェーンライン紫斑病はどんな病気?】

手や足の四肢末梢部に、軽く盛り上がった紫斑ができる病気です。

へノッホ・シェーンライン紫斑病の症状】

紫斑は手足の左右両側対称の皮膚、特に関節付近に起こります。体や顔に出る場合もあります。初めはかゆみを伴ったじんましんのような発疹ができ、次第に消失しない紫色に変色していきます。

へノッホ・シェーンライン紫斑病の原因】

上気道感染後に発症することが多く、ウイルスや細菌に対するアレルギーが原因だといわれています。ウイルス、虫刺され、薬物などが原因と考えられていますが、はっきりとした病因はわかっていません。

へノッホ・シェーンライン紫斑病の検査と診断】

診察、血液検査、腎生検などにより診断します。

へノッホ・シェーンライン紫斑病の治療】

対症療法が主な治療法になりますが、症状に応じて、血管強化薬、抗線溶薬、ステロイド剤などが用いられることもあります。

へノッホ・シェーンライン紫斑病の初診に適した診療科目

へノッホ・シェーンライン紫斑病の専門外来

へノッホ・シェーンライン紫斑病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ