肛門周囲膿瘍コウモンシュウイノウヨウ

肛門周囲膿瘍はどんな病気?
直腸、肛門周囲に膿が溜まった状態を肛門周囲膿瘍といいます。発病すると、39度からひどいときには40度以上の発熱となります。膿が溜まった部分が腫脹し、皮膚表面が発赤する場合もあります。寝ることができないほどの激しい痛みが生じます。膿の出口ができれば、腫脹、痛み発熱などの症状はなくなります。膿が溜まり、排膿した後傷がふさがり、また膿が溜まるということを繰り返します。

肛門周囲膿瘍の症状
肛門周囲膿瘍とは肛門の周りに膿が出来でて、痛みが伴う症状がでるものです。主な原因としては、肛門を使った性交を繰り返し行なうことで肛門の入り口に切り傷が発生し、そこが化膿することでおきる場合が多く報告されています。もし肛門を使う性交をするときでも、ローションなどを用いて切り傷がつかないように注意を払って行なう必要があるのです。

肛門周囲膿瘍の原因
肛門周囲膿瘍の原因は身体の抵抗力が弱い時に下痢をした場合、約1mmの肛門陰窩に下痢の便が入り込むことで、その下痢便の中にいる大腸菌や細菌がこの肛門陰窩に連絡する役目の肛門腺という腺組織に感染が起きます。この感染がアダとなり、膿が直腸や肛門の周囲に徐々に広がっていき、その結果、膿瘍となります。しこりが出来ることも多いです。

肛門周囲膿瘍の検査と診断
肛門周囲膿瘍の検査方法は治療を兼ねて行います。まずは切開を行って膿を出しながら、患部を慎重に探ります。その際、触診及び専用の鏡を使って、原因となっている場所を特定するのです。精密検査を行う場合には、MRIやエコー装置を使うこともあります。原因となっている部分が確認できた場合には、金属製の棒状機器を肛門から挿入し、状態を確かめます。

肛門周囲膿瘍の治療方法
肛門周囲膿瘍の治療法は、切開によるものが一般的となっています。肛門と腸の間のあたりにこうした病気が原因となって、膿がたまっている部分がありますから、そこをきちんと切り開いて内部の膿をちゃんとだしてやる作業をやらなくてはいけません。そして切除によって排膿がきちんとできたら、そこで抗生物質を投与したり、鎮痛剤を利用するなどして、快方に向かっていくのを待つのです。

肛門周囲膿瘍の初診に適した診療科目

肛門周囲膿瘍の専門外来

肛門周囲膿瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ