胃切除後症候群イセツジョゴショウコウグン

胃切除後症候群はどんな病気?
胃切除後症候群とはダンピング症候群ともいい、食後すぐに症状が出るものを早期ダンピング症候群、しばらくしてから現れるものを後期ダンピング症候群と分類します。胃潰瘍や胃の腫瘍を取る為に胃の一部やそれ以上を切除する手術を受けた人が早期の場合は胃が小さくなったのに今までと同じ量を一度に食べたり、ゆっくり食べない為に起こり、後期の場合は、炭水化物に偏った食事によるインスリン過剰分泌で低血糖を起こします。


胃切除後症候群の症状
胃切除後症候群の症状は、胃もたれ、はきけ、腹痛、嘔吐などや様々なダンピング症候群の発生、逆流性食道炎による胸やけ、輸入脚症候群、消化液の分泌が少なくなる事による消化能力の低下と下痢、鉄分の吸収障害やビタミンB12の吸収障害による貧血、脂肪やビタミンDの吸収障害による腰痛や骨折、胆石が出来やすくなるなどの障害が起きる場合があります。

胃切除後症候群の原因
胃切除後症候群とは、胃を摘出することで胃の消化機能や排出機能が低下してしまうことが原因となって冷や汗、動悸、全身のほてり、全身の倦怠感などの症状が起こります。また胃が無いためビタミンB12が吸収することができなくなり赤血球を作るための必要要素が欠乏してしまうために胃切除後貧血と呼ばれる貧血症状が出ることもたびたびあります。

胃切除後症候群の検査と診断
胃切除後症候群とは、胃を摘出することで胃の消化機能や排出機能が低下してしまうことが原因となって冷や汗、動悸、全身のほてり、全身の倦怠感などの症状が起こります。また胃が無いためビタミンB12が吸収することができなくなり赤血球を作るための必要要素が欠乏してしまうために胃切除後貧血と呼ばれる貧血症状が出ることもたびたびあります。

胃切除後症候群の治療方法
胃切除後症候群の検査方法は、食後に特定の症状がみられるかどうかで判断されます。ダンピング症候群とも呼ばれる本病は、早期ダンピング症候群と後期ダンピング症候群に分けられます。早期ダンピング症候群では、特定の症状が食後30分以内に現れ、後期ダンピング症候群では、食後2から3時間後に現れると言われています。早期ダンピング症候群の方が、頻度が高いと言われています。

胃切除後症候群の初診に適した診療科目

胃切除後症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ