咳喘息セキゼンソク

咳喘息はどんな病気?
咳喘息というのは、せきが慢性的に長引く気管支の病気で、空気の通り道である気道が狭くなり、いろいろな刺激に過敏になり咳がでます。咳をすることにより傷んだのどがさらに刺激を受けやすくなり、ちょっとした刺激でさえ反応して咳がまたでるということになっていくのでなかなかよくならず長引いていくのです。とくにアレルギーのひとにおおく見られます。


咳喘息の症状
咳喘息は慢性的に咳が続く気管支の病気です。風邪に併発して起こることが多く、喘息特有の喘鳴や呼吸困難が無いことから、風邪による咳として対処してしまい気付くことも対処が遅れることもあります。一か月以上空咳が続き、発熱や痰等が殆ど出ないのが症状です。夜中から明け方にかけて激しい咳が出たり、寒暖差によって引き起こされるのも特徴です。

咳喘息の原因
咳ぜんそくは乾いた咳がずっと続き風邪と勘違いされやすい病状です。咳喘息は大気汚染された粒子の物質やタバコの煙など、有害な物を体に取り込むことによって引き起こされます。特にアレルギーを持っている人に起こりやすいとされています。アレルギー反応が起こる事で気管に炎症が起きるのが原因とされています。手洗いうがいなどで対策をしましょう。

咳喘息の検査と診断
咳喘息が疑われた場合は、まず呼吸器科やアレルギー科、耳鼻科などで診断してもらう必要があります。それは、風邪が長引いている可能性や、アレルギーで咳が起きているといういくつかの原因があるかもしれないからです。検査方法はレントゲンや血液検査、聴診器を当てて診断をします。聴診器をあてて、ヒュヒューや、ピーピーなどと音が聞こえた場合はこの病気の確立が高いです。

咳喘息の治療方法
咳喘息の治療法はぜんそくのアレルゲンの発見とその除去を行います。健康なひととなるべく同じように活動させること、薬を上手く利用することです。これらをバランスよく実行することで快方に向かいます。薬物治療では吸入ステロイド薬が確実に効果があるといわれています。ステロイドといっても吸入の場合は血液にはほぼ吸収されないので心配ありません。

咳喘息の初診に適した診療科目

咳喘息の専門外来

咳喘息に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ