眼皮膚白内障メヒフハクナイショウ

眼皮膚白内障はどんな病気?
眼皮膚白内障は、目の中にある結晶体と言うカメラでいうところの凸レンズの役目をしてる所が灰白色や茶褐色になってしまう眼病気の一つです。眼皮膚白内障になると結晶体の濁りが光の通り道を邪魔してものがぼやけたり霞んだり見えてしまったり光が眩しく見えてしまったり視力の低下などが症状としてあげられます。主な原因は年齢からです治療法古くなってしまった結晶体を摘出して人工的なレンズを入れる方法があります。


眼皮膚白内障の症状
眼皮膚白内障は目の周りの皮膚に白内障が出来る病気で、視力が著しく低下し視界が狭くなる症状です。外見的にはわかりにくく、視力の低下で眼科を訪れた際に発見されることが多く、珍しい病気です。眼皮膚白内障は痛みを伴うことが少なく視力が悪くなって初めて眼科医で診断が下るために進行が遅いながらも見つかった時は重篤な症状な場合が多いのです。

眼皮膚白内障の原因
眼皮膚白内障は、瞼など目の周囲の皮膚や顔に現れた皮膚炎による強い痒みに耐えきれず、叩いたり擦るなどして、目に受けた外部からの損傷が原因で引き起こされます。特にアトピー性素因を持つ場合、免疫異常も要因とされる場合があります。繰り返し外傷を与える行為を続けることにより、水晶体が混濁して白内障になる要因となります。痒みを抑えるための外用薬であるステロイド剤の副作用も原因のひとつと考えられています。

眼皮膚白内障の検査と診断
眼皮膚白内障の基本となる検査方法は、顕微鏡を使用した検査が行われます。この検査では瞳孔を薬で開き検査することで、水晶体の状態を詳しく観察できます。又、白内障の進行の度合いを検査する眼底の検査ができないケースでは、超音波での検査や網膜電図が用いられます。網膜が剥離した症状は、眼底検査で診断でき、視力が低下していないかどうかを検査し、網膜剥離の広さを確認する事になるのが一般的です。

眼皮膚白内障の治療方法
眼皮膚白内障は、アトピーをもった人が顔にも発症し、そのまま白内障と合併しておこるもので、その治療法として最善なのは手術です。点眼薬もありますが、あくまで進行をとめる作用にすぎません。まずは眼科医で眼底検査を行います。それにより手術が必要となれば、治療の方法は、濁った水晶体を超音波振動により取り除いて、眼内レンズを挿入します。

眼皮膚白内障の初診に適した診療科目

眼皮膚白内障の専門外来

関連部位から他の病名を探す

眼皮膚白内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ