見張り疣ミハリイボ

見張り疣はどんな病気?
見張り疣については、ほぼ女児がかかる病気であり、7か月から3歳までの子が対象となっています。症状としては、慢性便秘に伴う硬便排出が原因となっており、硬便で裂肛になってしまった結果、その刺激で皮膚が増殖してしまうようになります。治療方法としては、痔疾軟膏の塗布と、下剤によって軟便を維持するようにし、一ヶ月ほどの治療によって改善されていくようになります。

見張り疣の症状
見張り疣(イボ)は肛門ポリープやスキンタグとも呼ばれ、肛門の中にできた皮膚のイボの事を指します。目立つ症状としては、肛門の内側にイボができます。そして排便時に激痛を伴い、排便後もしばらく痛みが続き、平時にも鈍痛があります。また入浴などで水に浸けると痛むこともあります。出血はあまりなく、トイレットペーパーや便に多少付着する程度です。

見張り疣の原因
見張り疣とは、肛門内部にできるイボのことをいいます。原因としては力んで排便をしたことから肛門に傷がつき、この傷が治らず慢性化する「慢性裂肛(まんせいれっこう)」が挙げられ、排便の際に激痛を伴ったり、血が出る時もあります。肛門ポリープとも言われるこの見張り疣は、肛門の外に出てきたり一緒に肛門が狭くなってくる症状も出てきます。

見張り疣の検査と診断
見張り疣の検査方法は痔による検査と同様に肛門の外部や内部を診察していきます。一般には肛門科で診察してもらうため見張り疣の可能性があったら近くの病院で検査をしてもらいます。ポリープの疑いもあるために早めの検査をして炎症を起こさない内に検査を受けるようにします。問診表に出血の有無を答えていき横向きの状態になり視診をしてもらいます。

見張り疣の治療方法
見張り疣の治療法としては、抗生物質の軟膏や痔用の軟膏等の治療だけでは根治させることは困難です。痔の軟膏等の利用に加えて便秘の治療が必要となります。下剤を投与する事で毎日きちんとした柔らかい便が排泄できるように排便のコントロールを行う事が必要です。便が軟便になり肛門に対する刺激が取り除かれれば見張り疣は消失します。便が固くなると再発する為便秘治療は持続する必要が有ります。

見張り疣の初診に適した診療科目

見張り疣に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ