先天白内障センテンハクナイショウ

先天白内障はどんな病気?
先天白内障とは生まれつき眼球の水晶体が白濁する病気です。遺伝的なものに起因するものと胎内での感染に起因するものがあります。感染によるものの代表は風疹によるものです。風疹ワクチンを使用することで発症することが少なくなりました。水晶体が完全に濁っている場合には、脳への影響を考慮し早急な手術が必要ですので、出生後に直ちに医師による診断が重要です。


先天白内障の症状
白内障は目の水晶体がにごることで物が見えにくくなったり、視野が暗くなる病気です。多くは加齢のためになりますが、生まれつき白内障の人もいます。先天白内障といい、早く治療を受けないと強度の弱視になり治らなくなります。瞳をみて白濁する症状があれば先天白内障の可能性があります。治療としては白濁した水晶体と硝子体前部を切除する手術を行ないます。

先天白内障の原因
妊娠3か月頃まで胎児の体や内臓が出来上がる大切な時期に胎児に障害が加えられると奇形を起こすことがあります。その一つが先天白内障です。例えば常染色体の優性遺伝、染色体の異常、子宮感染、妊娠時の薬物服用などが原因となる場合が多いですが、原因がはっきりと分からない場合もあります。また、遺伝によって白内障を受け継ぐこともあります。

先天白内障の検査と診断
先天白内障では視力検査と細隙灯顕微鏡検査、眼底検査が基本的な検査方法になります。細隙灯顕微鏡検査は診察時に行われるもので、目に光を当てて医師が直接観察します。水晶体や瞳孔、角膜を診ることが可能で、進行の程度を確認することが出来ます。眼底検査は薬を点眼して網膜の状態を確認する検査です。また、別の疾患の有無を調べる検査も行われます。

先天白内障の治療方法
視力の機能の途中の段階である乳幼児では、視力の低下や弱視などの影響の面を考慮して、先天白内障の治療法に関して、目の全体の手術を含めた治療を行うのが一般的です。先天白内障で目の中の白濁が酷い場合は、一刻も早い手術が原則的であるが、両眼が白濁している場合に手術によって治りやすいのです。放置すると弱視になるので、早めに眼科医にかかる事です。

先天白内障の初診に適した診療科目

先天白内障の専門外来

関連部位から他の病名を探す

先天白内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ