認知症にんちしょう

認知症はどんな病気?
認知症と言う病気は脳が次第に萎縮して、考える力や記憶をする力が失われてくる脳の病気です。高齢になるほど発症しやすく、国内患者は300万人以上。認知症になる可能性が高い軽度認知症障害の高齢者を合わせると800万人以上を超すと言われています。高齢者の病気だと思われがちですがまれに若い方でもかかる方がいます。まず直ぐに物事を忘れてしまうので一人での生活は困難になります。食べた事、自身の住んでいる家も忘れてしまうのです。そして異常行動も出てきます。何かを取れたと言うありもしない事を言い出したり、トイレではない所に排泄をしてしまう時もあります。


認知症の症状
近年超高齢化社会となり、高齢者人口が増えて来ているので認知症の病気を耳にする事が多くなりました。その症状は様々です。
代表的なものとして認知機能低下、見当識障害、徘徊、性格変化、妄想などが挙げられます。いずれも回復することはなく、進行性の病気なので病気を家族が受け入れ、支援して行くことに積極的になっていかなくてはなりません。

■初期の兆候
・洋服や化粧などに気を使わなくなる。
・料理が苦手になる。得意料理も避ける。
・同じ話を繰り返したり、聞いたりする。
・物忘れが増える。指摘されても「そうだったかな」と感じる。
・失敗が多くなり、言い訳をする。
・物事への関心がなくなり、趣味もやらなくなる。
・イライラや焦り、不安を感じる。

認知症の原因
認知症の原因というのは一つではないと考えられています。例えば脳の血管の障害によってひきおこされるものもあれば、アルツハイマー病と呼ばれる病気によってひきおこされる場合もあります。人種によっても異なると考えられており、他の人種と比べて、日本人においては、前者の脳血管性のケースがたいへん多いということが、明らかになっています。

認知症の検査と診断
認知症の検査方法は、いくつかあります。まずは、問診です。どうして、病気と気づいたのか、誰がきづいたかなど、話をしたり、簡単な、テストをします。今日の日付や名前などを聞きます。また、知能の検査もします。簡単な計算や暗記力を確認します。例えば、テーブルに何種類かの文房具を置いてから、患者に暗記させてから、文房具を片します。そのあとに何があったかを確認します。

認知症の治療方法
認知症の治療法は、脳外科やアルツハイマー専門外来等の専門医がいる診療科目を受診して治療します。この病気は早期発見すれば進行を遅らせる事が出来ますので、家族や身近な人が気づいたらすぐに病院に行く事をすべきでしょう。完治する薬はまだありませんが、進行を抑制する薬が普及していて、2013年現在では4種類の経口薬と貼り薬が発売されており、医師と相談して使用する薬を決定しましょう。
また、認知症が発症している場合、本人も家事や仕事などこれまで普通に実践していた事がうまくできなくなったなどと感じて不安に思っています。
異変に気づいた子供や孫からあれこれ指摘されると、責められたように感じ、否定したり怒ったりする人も多いので注意が必要です。
また、普段はなれて暮らしていても、電話やメールなどでコミュニケーションをマメにとるなどの心掛けも必要です。

■家族の心掛け

・本人の話をじっくり聞く。不得手になった事を知る。
・詰問や間違いの訂正、叱咤激励などは避ける。
・「年のせいだ」と安易に納得しない。
・受診を促す。早めに専門医へ
・受診を嫌がる場合もあるので、不信感を招かないようにする。
・自治体や地域包括支援センターなどに相談する。

認知症の初診に適した診療科目

認知症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

認知症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ