オスグッド病オスグッドビョウ

オスグッド病はどんな病気?
すねの骨(脛骨)の、膝のすぐ下に張り出している部分(脛骨結節)が腫れて、痛みが起こる病気。子どもの脛骨結節には、軟骨の成長線があり、外力に弱い部分ですが、そこには膝を伸ばす大きな筋肉(大腿四頭筋)が働いており、常に大きな力がかかっている。ジャンプ、ランニング、キックなどといった激しいスポーツをすると、くり返し脛骨結節に筋肉の牽引力が働いて、細かい骨折様の変化(ひびなど)が起こり、痛みが生じる。11~15歳くらいの活発な男の子に多く見られる病気。


オスグッド病の症状
膝の下が腫れて、押すと強い痛みがある。膝を強く曲げるときや、蹴るなどして抵抗に 逆らって膝を伸ばすときに、痛みが強くなる。X線写真を見ると、脛骨結節が不規則な形になり、腫れているのがわかる。

オスグッド病の原因
走ったり飛んだりといった膝の屈伸を行う運動のしすぎを原因として発症。そのためオスグッド病の患者はサッカーやバスケットボール、バレーボールや 陸上競技などのスポーツ選手に多く見られる。つまり、膝のオーバーユースを原因として起こるスポーツ障害の一つ。オスグッド病が発生する患部で ある脛骨は、成長期では軟骨の状態であるため、剥がれやすいという弱点を持っていることが発症原因に深く関わっている。

オスグッド病の検査と診断
診断は症状である程度可能。X線(レントゲン)検査を行うことで確定する。

オスグッド病の治療方法
膝の安静が基本。スポーツを完全に中止すれば、約半数の子どもでは、骨の変化が改善される。しかし、中途半端な中止では、修復する例は4%に過ぎない。膝を強く曲げる運動を2~3週間は中止し、オスグッドバンドという装具や消炎薬を含む軟膏などが用いられる。痛みがひどいときは、膝を一時的にギプスなどで固定する。

オスグッド病の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

オスグッド病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ