単純ヘルペス角膜炎タンジュンヘルペスカクマクエン

単純ヘルペス角膜炎はどんな病気?
単純ヘルペス角膜炎は、ウイルスによる角膜への感染によって生じる病気です。原因となるヘルペスのウイルスは、角膜に侵入して、現代の医学においては完全に撃退できないのです。症状としては、初期の症状として目の全体が少し痛んだり、赤くなる症状がでます。涙目になる傾向が多く、光に敏感になるのです。悪化すると視界がかすむ現象が起こります。

単純ヘルペス角膜炎の症状
単純ヘルペス角膜炎の症状は、初感染時は、眼の痛みや異物感、涙目、角膜の充血、また明るい光に対して過敏に反応するなどがみられます。眼の周辺に小さな水泡がみられることもあり、水泡が潰れて潰瘍ができた後、跡は残らず軽快しますが、炎症が悪化すると、角膜が腫れて、視界がかすむこともあります。また、再発を繰り返すと、角膜の知覚低下や、視力の低下、潰瘍の跡が残ることもあります。

単純ヘルペス角膜炎の原因
単純ヘルペス角膜炎とは、単純ヘルペスウイルスが黒目に感染することが原因で目の痛みや目の周りの皮膚に水泡ができ、重症化すると失明する恐れのある病気です。軽度であれば特に治療の必要はありませんが、何度も再発する場合には、点眼薬や軟膏での治療が必要となってきます。予防策としては、栄養のある食事をとり、ストレスを溜めないようしっかりと休養をとることが一番大切です。

単純ヘルペス角膜炎の検査と診断
単純ヘルペス角膜炎の検査方法は、顕微鏡を用いての検査での観察です。この疾患の検査では、顕微鏡を用いて病変を検知することが重要で、角膜の部位や涙を採取したりして、ウイルスの有無を調べます。又、ウイルスを分離するのは専門的な医療機関に限定されますが、この精度の高い検査ではウイルスの抗体を検査したり、ウイルスの遺伝子を検出する事も可能になります。

単純ヘルペス角膜炎の治療方法
単純ヘルペス角膜炎の治療法は局所治療が有効です。トリフルリジン点眼薬やアシクロビル眼軟膏などの抗ウイルス薬で治療し、他にもIDU点眼薬も有効です。免疫不全患者では通常、抗ウイルス薬の静脈投与が必要です。治療はできるだけ早くから開始する必要があります。多くの炎症を生じる感染症では、コルチコステロイド点眼薬、およびあとろぴんやスコボラミンなどの瞳孔を広げる点眼薬を使用します。

単純ヘルペス角膜炎の初診に適した診療科目

単純ヘルペス角膜炎の専門外来

単純ヘルペス角膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ