職業性疾患ショクギョウセイシッカン

職業性疾患はどんな病気?
職業性疾患とは、過度な長時間労働や、身体局所への負担が大きかったり、作業要因がによって起きる職業性の疾患のことをいいます。原因には、作業の態様、作業の強度、、作業の姿勢と大きく分類されますが、細かくは様々な要因があって起きています。労働基準法施行規則により、過度の負担がかかる作業態様によって起きる職業性疾患として幾つかの、症状があげられています。


職業性疾患の症状
職業性疾患とは、長すぎる労働時間や、身体の局所への過度な負担といった作業要因によっておこる職業に基づく疾患です。技術革新の機械化によって、かつての肉体的労働から労働態様も大きく変化し、近年新しい健康障害がみられるようになりました。その症状に、テクノストレスによる精神的疲労や、コンピュータの導入によって引き起こされた眼の過度疲労などがその一例としてあげられます。

職業性疾患の原因
職業性疾患とは、長過ぎる労働時間や、身体局所への過度の負担によって引き起こされる身体の疾患のことをいいます。この原因は、作業の様態、強度、姿勢などに由来されます。作業の様態でいうと、精神労働、重体労働、単調作業、監視作業、夜間作業など、長く続けることで身体にダメージとなるものがこれにあたります。また、強度として労働時間や環境も関わってきます。

職業性疾患の検査と診断
職業性疾患の検査方法はその症状によって様々です。とくに外科的な運動障害をともなる職業性疾患の場合は医師の診察と合わせてレントゲン撮影や運動機能をテストなどを行い検査していきます。外傷を伴わない症例などの場合は目視では判断することができないため様々な方法で検査を行うことになります。その中で脳機能の障害が疑われるケースではCTスキャンなども行われます。

職業性疾患の治療方法
職業性疾患の治療法は個人差がかなりあり、仕事の作業軽減で対応できるケースもあれば、薬物療法や精神療法が必要なケースもあります。肉体疲労の場合は、作業時間だけでなく、仕事のやり方そのものを変える必要があることが多いです。治療を行っても、仕事内容を変えない限りは再発する可能性が高く、肉体を補助するサポーター、コルセットで対応できるケースもあります。

職業性疾患の初診に適した診療科目

職業性疾患の専門外来

職業性疾患に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ