機能性胃腸症キノウセイイチョウショウ

機能性胃腸症はどんな病気?
生活が不規則になったりストレスがかかることで自律神経のバランスが崩れ、胃の働きが鈍くなることによりおこる病気です。昔は胃下垂や胃アトニー、最近では神経性胃炎や慢性胃炎と診断されていましたが、胃の粘膜に病変の異常がなく胃炎と呼ぶのは正確ではないとの理由により、現在の機能性胃腸症と呼ばれるようになりました。


機能性胃腸症の症状
主な症状は、胃もたれや胃・みぞおちの痛みなどがあります。性別を問わずに発症し、特に働き盛りのサラリーマンや勤務時間が不規則になりがちな職種によくみられます。 

機能性胃腸症の治療方法
発症後は、投薬や食事の改善などを行うことで大半の場合は症状が良くなります。また、心理的な要因が強い患者には、抗うつ剤等を処方したりする場合もあります。

機能性胃腸症の初診に適した診療科目

機能性胃腸症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ