半月板部分切除ハンゲツバンブブンセツジョ

半月板部分切除はどんな病気?
半月板の損傷が原因で切除をする半月板部分切除というのがあります。膝にある半月板ですが、サッカー選手やボクサーといったスポーツ選手が相手との接触により損傷してしまう場合が多いです。半月板をくっつける場合もありますが、悪い時は切除します。もちろん命に関わるものではありませんが、切除するスポーツ選手も少なくありませんし、リハビリも必要になります。


半月板部分切除の症状
半月板とは、膝関節の大腿骨と頸骨の間にあります。この半月板は、三日月状の形をしており、膝関節を安定させる役割や、膝関節の衝撃を和らげるクッション的役割を果たしています。その半月板に強い衝撃などが加わったりすると、半月板に亀裂が入る場合があります。その症状を半月板損傷といいます。最近では、半月板損傷の場合には、半月板を全面削除せず、半月板部分切除という形で処置が行われています。

半月板部分切除の原因
半月板部分切除は、半月板損傷を起こした患者に対する手術治療の一つです。原因となる物にはスポーツや加齢にともなう半月板損傷があります。以前はすべての半月板を取り除く半月板全切除術が行われていましたが、全ての半月板を切除することは変形性膝関節賞を引き起こすリスクが高まることから最近では主に負傷した部分だけを取り除く半月板部分切除術が行われています。

半月板部分切除の検査と診断
半月板部分切除の検査方法では、レントゲン撮影をすることがあります。レントゲンで半月板を見ることは出来ませんが、骨の損傷を確認するために撮影することがあります。詳しい検査に至っては、以前は関節造影が有用でしたが、最近ではMRIという精密検査で半月板の状態を直接調べます。MRIで損傷が疑われた場合、関節鏡検査が行われます。

半月板部分切除の治療方法
半月板部分切除は全部切除すると後遺症が残るために部分的な切除をする治療法が有効になっています。従来のやり方では手術を行い全切除していましたが最近の治療法では半月板部分切除が行われているのが一般的です。半月板を残すことで手術による傷口の跡を小さくすることができますし効率よく傷んでいる部分のみを切除することで治していきます。

半月板部分切除の初診に適した診療科目

半月板部分切除の専門外来

関連部位から他の病名を探す

半月板部分切除に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ