無チアノーゼ性肺血流流正常群ムチアノーゼセイハイケツリュウリュウセイジョウグン

無チアノーゼ性肺血流流正常群はどんな病気?
先天性疾患の中にはチアノーゼと非チアノーゼのものがあり、病変や種類も様々です。無チアノーゼ性肺血流流正常群は非チアノーゼ性心疾患のひとつであり、酸素濃度の少ない血液が前進をめぐることで生じます。乳幼児には肺高血圧や心不全、呼吸不全などが引き起こされ、肺血流が多い場合には感染症や発育不全などの原因になり、手術が必要対応ですが、正常な場合には手術の必要がありません。


無チアノーゼ性肺血流流正常群の症状
無チアノーゼ性肺血流流正常群は、呼吸の数が多いという症状が発生します。幼児の場合は、大人が判断した方が良く、大抵は哺乳も難しい状態となるので、違和感に気づきやすい傾向にあります。この他の症状としては、脈拍数の変化、手や足が冷たくなるなど、普段と違う部分が多岐に渡り存在します。体重が増えにくいといった症状も見られる場合があります。

無チアノーゼ性肺血流流正常群の原因
無チアノーゼ性肺血流流正常群とは肺血流が心臓の動きが悪いために不足してしまう状態のことで、この原因としては先天性の心臓の以上によるのです。そのためこの症状は幼少期から出てくるので、手術に耐えられる体力が付いた時に心臓の手術をおこなって治療をするのが望ましいのです。これをしないで放置したままにしますと最悪の場合、死に至ります。

無チアノーゼ性肺血流流正常群の検査と診断
無チアノーゼ性肺血流流正常群の検査方法は血流の問題によって起こる病気なので、血液採取や血圧を測ったりなどの血液を調べる方法が普通です。発見した後は基本的には、薬物治療とカテーテル治療がほとんどですが、合併症も多いので最後には手術をしなければならない例もあります。若い時にかかってしまっても手術を受けられる年齢は下がってきているので、進歩してきている病気でもあります。

無チアノーゼ性肺血流流正常群の治療方法
無チアノーゼ性肺血流流正常群の治療法には、薬物治療と内科治療によって体に負担がかかりにくいように上手く病気と付き合いながら治療していくという治療法が用いられるケースも多いですが、外科治療によって根治させることが可能である場合には手術が行われることもあります。手術になる際には、1回ではなく準備手術を含めた段階的な施術が施されることが多いです。

無チアノーゼ性肺血流流正常群の初診に適した診療科目

無チアノーゼ性肺血流流正常群の専門外来

無チアノーゼ性肺血流流正常群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ