末期股関節賞マッキコカンセツショウ

末期股関節賞はどんな病気?
変形関節症の内、股関節に起きるものを変形股関節症といい、4つある進行状態の最終段階が末期股関節賞です。変形股関節症は老化や先天的な関節の異常によって生じ、長い期間をかけて関節軟骨が摩耗・変形することで股関節が変形していく病気です。末期股関節賞の段階にまでなると、関節軟骨は摩耗して消失、関節の隙間がなくなって骨が直接ぶつかるため激しい痛みを起こします。


末期股関節賞の症状
末期股関節賞の症状として見られるのは、運動を行った時に生じる痛みです。軟骨の進行状況や変形具合によって痛みの強さが変わってきます。変形具合で前股関節症や初期股関節症や進行期股関節症や末期股関節症のいずれかに分類されます。さきほど例に挙げたもので後者になればなるほど痛みはひどくなります。末期股関節症になると軟骨はすり減って全くなくなります。

末期股関節賞の原因
末期股関節賞の原因は、次の2つに分類されます。1つ目は、一次性といって、明らかな原因がなく股関が壊れてくるものです。これは、関節軟骨の細胞が老齢化し、働きが悪くなったためです。二つ目は、二次性といって、何らかの病気や怪我が原因で起こります。日本ではこの二次性がほとんどで、主に、先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全によるものです。

末期股関節賞の検査と診断
末期股関節賞は変形性股関節症のひとつであり、変形の進行具合によって前股関節症、初期股関節症、進行期股関節症、末期股関節賞に分けられます。末期になると軟骨はほとんどなくなり骨も大きく変形しています。検査方法としては症状の進行に合わせてX線写真を撮影し、前股関節症の時期から年に1~2回程度、医師の診察を受けています。また、病院の進行状態によって治療が異なりますので、整形外科で検査をする必要があります。

末期股関節賞の治療方法
末期股関節賞の基本的な治療法は股関節にかかる負担を少なくする事です。そのためには体重を減らしたり、スポーツを制限しなければなりません。また、股関節の周囲にある筋肉の強化も必要です。歩く時に身体が安定せず左右に揺れてしまう人は杖を使用すると良いでしょう。症状が進行し、痛みが強くなっている場合には手術が必要となり、その手術は患者の年齢、性別、職業、社会環境などによって変わって来ます。

末期股関節賞の初診に適した診療科目

末期股関節賞の専門外来

関連部位から他の病名を探す

末期股関節賞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ