初期がんショキガン

初期がんはどんな病気?
がんというのは、細胞が分裂する際に突然変異することによって生じる変異細胞が原因です。これは1日に約5000個作られていると言われていますが、普段は私たちの免疫力によってがん化を防いでいます。初期がんの症状としては、朝起きたときにだるい、食欲が低下する、37度前後の微熱が続く、などです。初期のうちに治療すれば、治る確率もぐんと上がります。体に異常を感じたら、すぐに病院で受診してください。


初期がんの症状
初期がんの症状としては、手で触れて分かるような腫瘍ができることが挙げられます。代表的な乳がんのように、皮膚の下の浅い部分に腫瘍ができるために周囲の組織と違う感触があり、手で触れて分かるようになります。がんは自ら「新生血管」と呼ばれる血管を作りだしています。この血管はもろい為 、出血がよくみられるようになります。他に「食欲の低下」「体重の急激な減少」「微熱が続く」などの兆候がみられます。

初期がんの原因
初期がんの原因は、大きく分けて4つあります。第一に、人工および自然の化学物質(発がん物質)です。特定の職場で使用されるものや医薬品・食品添加物の形で用いられています。第二に、放射線、紫外線など物理的なものです。第三に、ウイルス感染などの生物学的なものです。最後に、喫煙、飲酒、食事、性的活動など生活習慣からのものです。頻度の高いがんは、この生活習慣との関連が強いです。

初期がんの検査と診断
初期がんの検査方法について説明します。がんであるか調べる方法の一つにPET検査があります。この方法はブドウ糖を用います。正常な細胞に比べて活動が活発ながん細胞のブドウ糖を取り込みやすいという習性を利用します。手順は、まず最初にブドウ糖に似た成分の検査薬を体内に入れます。しばらくするとその検査薬にがん細胞が集中します。そしてPETカメラで全身に行きわたった検査薬の集中している場所を見つけます。

初期がんの治療方法
初期がんの治療法としては、一般的にがん腫瘍を手術で取ってしまうのが一般的になっています。腫瘍が他の臓器やさらに進行しないためにも腫瘍という大元を取り除くことで完治する場合があります。手術で除去しないで投薬や温存などの方法もがんの部位によっては行われます。そういった場合などは、再発を防ぐためにも定期的な健康診断などが大切です。

初期がんの初診に適した診療科目

初期がんの専門外来

初期がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ