サットン白斑サットンハクハン

サットン白斑はどんな病気?
サットン白斑は、小さめの母斑の周辺部に丸くて白い白斑ができるものです。子供から成人まで発症し、顔から首、体幹にかけて広い範囲に発症する可能性があります。進行により白斑が広がると母斑は縮小する傾向にあり、更に母斑が消滅していきます。原因は母斑細胞を異物と捉えて正常細胞を破壊してしまう免疫疾患と考えられます。母斑を切除することで白斑も消滅します。


サットン白斑の症状
サットン白斑の症状は、ほくろを中心にして白斑が生じるというものです。小さいほくろの周りの皮膚に、円形の白斑が見られるようになります。この病状が発現する皮膚の場所としては、胴体や首、顔などに主に見られます。この病状は、外に向けて広がっていく傾向にあります。また、この病状では、尋常性白斑を合併するケースも半数に見られます。

サットン白斑の原因
サットン白斑の原因は色素性母斑、いわゆるホクロを形成する母斑細胞ならびにメラニン色素に対する体の自己免疫反応によるものとの考えが一般的です。この自己免疫反応により、母斑周辺の皮膚のメラニンも異物として見なされ攻撃されることで色素細胞、つまりメラニンの生成を行っているメラノサイトが失われたり、変性をしてしまい白斑が起こります。

サットン白斑の検査と診断
サットン白斑とは黒いほくろを中心にして周りの皮膚に円形して生じる白斑で、視診で判断し皮膚を少し切り取って病理組織検査方法で検査をします。ほくろに見られるメラニンの自己免疫が原因となり、この免疫反応が周りの皮膚に存在するメラニンへも生じてしまいこの病気になります。症状は顔面や頸部、体幹などに発症します。初期の段階でほくろを切除し白斑を自然治癒させます。

サットン白斑の治療方法
サットン白斑では、尋常性白斑と同様の副腎皮質ホルモンの外用などの治療法が行われるのが基本となっていますが、中央部の母斑を除去するケースもあります。これは、この病気の特徴である母斑が消えることで白斑が自然に治癒していくという性質を利用したものです。特に支障が見られない場合では、特に治療を行わずに経過を観察することもあります。

サットン白斑の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

サットン白斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ