裂け痔サケジ

裂け痔はどんな病気?
裂け痔とは、直腸と肛門管の境目より下の、肛門の出口付近にできる裂傷や潰瘍のことを言います。一般的には、硬い便が肛門を通過するときに傷をつけてしまうことにより起きるものですが、ちがう病気が原因となって起こる場合もあります。肛門の出口付近は痛覚が敏感であるため、排便時や排便後にもつよい痛みを感じ、しばしば肛門出血も伴います。

裂け痔の症状
裂け痔(切れ痔)の主な症状は、排便時やその前後に痛みがあること、出血(紙でふくと血がつく)がみられること等です。痛みのため排便を我慢することによって、さらに便が硬くなり、痛みが増す可能性もあります。この場合、肛門狭窄が起こりさらに便が出しづらい悪循環に陥ります。また、肛門周辺にかゆみや違和感を伴うこともあり、痛みよりかゆみを強く訴える人もいます。

裂け痔の原因
裂け痔の原因は、主に胃腸機能の障害によって起こる便秘が大きく関連してきます。腸の機能異常で便の水分が著しく少なくなるに伴い、便が硬くなり排出することによって肛門が傷つくのが一番の要因です。肛門が、水分を失った硬い便を通す際に皮膚が耐え切れず肛門の伸縮性の限界が突破され避けてしまいます。これらはストレスが要因のほか食生活でも深く関連があると言えます。

裂け痔の検査と診断
裂け痔の検査方法としては、肛門科で肛門に専用の検査の機械を入れて、切れている痔の部分を検査します。ただ単に切れた部分が小さくて、少量の出血の疑いがある場合は切れ痔という検査結果になりますが、大きく痔が裂けている場合は、排便の時の出血量が多くなります。肛門の部分を検査していくと、専門医から見たら明らかに裂けている痔を判断できます。

裂け痔の治療方法
便秘などによって便が硬くなってしまい排便時に肛門粘膜に傷がつき痛みや出血をくり返すことを裂け痔といいます。症状が軽度であれば、軟膏や坐薬によって出血や痛みを抑えることが可能です。同時に排便時に再び肛門粘膜に傷がつかないように便秘薬や便を柔らかくする薬の服用が効果的といえます。しかし裂傷の肥厚や肛門上皮が硬くなっているなどの問題がある場合は薬物療法では対処できず、手術による治療法がとられます。

裂け痔の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

裂け痔に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ