ウイルス性出血熱ウイルスセイシュッケツネツ

ウイルス性出血熱はどんな病気?
ウイルス性出血熱は、ウイルス感染によって発熱や出血、さらに多臓器不全といった症状を引き起こす病気です。エボラウイルスやマールブルグウイルスなどの感染によって発症します。哺乳動物などが媒介となって、人間にウイルスを感染させます。また、ダニや蚊を媒介とする場合もあります。これらの分類の病気の中には、非常に死亡率の高い病気もあります。

ウイルス性出血熱の症状
ウイルス性出血熱の最初の共通した症状には、疲労感、脱力、筋肉痛、発熱、体力消耗、めまいなどがあり、重症のときには皮下出血、口や鼻、耳からの出血、内臓出血が起こります。また、さらに重症になると昏睡やショック状態、神経系統の異常などを発症するほか、ウイルスによっては腎臓障害を引き起こすものもあります。最終的に死にいたることもあります。

ウイルス性出血熱の原因
ウイルス性出血熱と言っても現在では多くの出血熱が確認されています。黄熱病、エボラ出血熱、マールブルグ出血熱、ハンタウイルス肺症候群などが挙げられます。黄熱病は黄熱ウイルス、エボラ出血熱はエボラウイルスといったようにそれぞれの感染症には原因となるウイルスが存在します。これらのウイルスは感染した蚊やハエが人と接触することで感染します。

ウイルス性出血熱の検査と診断
ウイルス性出血熱の検査方法として最も多く行われているのは血液検査です。血液検査によって発熱がウイルス性のものであるかどうかの判断が容易にできる可能性が高くなります。また、血液検査のほかに胃や腸を検査するケースも見受けられます。このような検査を行うことにより、ウイルスが胃や腸のなかに存在するかどうかを確認し、症状を判断します。

ウイルス性出血熱の治療方法
ウイルス性出血熱の治療法としては、内服薬の投与による症状の改善が挙げられています。鵜イネスに感染した状態であるため、そのウイルスを消失させるための内服薬を服用し、症状改善を目指していきます。また、水分を多くとることも治療の方法として挙げられます。この病気にかかった場合水分を大量に失うケースが多く目立っており、水分を多くとることも有効です。

ウイルス性出血熱の初診に適した診療科目

ウイルス性出血熱の専門外来

ウイルス性出血熱に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ