イールズ病イールズビョウ

イールズ病はどんな病気?
イールズ病は、網膜血管などの閉塞によって起こる病気です。網膜の血管に閉塞や新しい血管ができることによって、そこから出血が起こります。これが眼底出血となって、目の各種の障害を引き起こす原因となります。この病気は、レーザー光による凝固療法や、あるいは手術によって治療を行います。この病気は、若い人の中で特によく見られるものです。


イールズ病の症状
イールズ病の症状は、目の障害や以上から引き起こされる事が多く、網膜内の血管がつまり血管を起こし、眼球や網膜に出血を発生させる事があります。若年者に多くみられ、出血のため眼球が血液によって視界を遮るようになるため著しい視力の低下や最悪の場合失明する恐れがあります。また、出血がひどくなってしまうと感染症も引き起こされる場合があります。

イールズ病の原因
イールズ病とは、血管に血管炎が出来て血管がつまったり、新生血管が生えてきたことによって出血を繰り返すことが原因の病気です。出血がひどい場合は、急に何も見えなくなってしまうこともありますが、繰り返し出血している内に、網膜が破れてしまったり大出血を起こして失明する場合もあります。突発性のものなので、十分に注意することが必要です。

イールズ病の検査と診断
イールズ病の検査方法として、視力検査、眼底検査、視野検査が行われ、網膜の状態を調べます。これらの検査の結果、更なる精密検査が必要であると判断された場合には、網膜電図検査や暗順応の検査が行われる場合がありますが、ほとんどの場合は眼底検査の段階でこの病気の診断は可能です。その他の検査は、他の眼病を併発していないかなどを調べるために行われます。

イールズ病の治療方法
イールズ病の治療法としては、糖尿病と同様の治療を行うことで血液成分を改善していくこと・損害、傷害を受けた毛細血管を消滅させることがあります。眼科的な治療としては、レーザー光線やキセノン光線を照射することで毛細血管を消滅させ、破壊する光凝固と呼ばれるものがあります。しかしながら、毛細血管を凝固するのは非常に困難であるため、この治療はこの病気にはあまり適さないともいわれます。

イールズ病の初診に適した診療科目

イールズ病の専門外来

関連部位から他の病名を探す

イールズ病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ