ふけ症フケショウ

ふけ症はどんな病気?
ふけ症とは、脱落した頭皮の一部であるフケが過剰に発生するような状態です。その原因は様々ですが、最も頻繁にみられる原因は、頭皮の乾燥であるといわれています。それ以外の原因としては、頭皮の洗いすぎや、逆に頭皮を不潔な環境によるものなどが考えられます。強い炎症を伴うようなケースもありますので、その原因に応じた治療が必要になります。


ふけ症の症状
ふけ(頭皮の角質がはがれ落ちてきたもの)は人間なら少なからず発生するものですが、それが異常に多く出てくる症状を「ふけ症」と言います。成人男性に多く、正式には「頭部批糠疹」と呼ばれます。主に2タイプに分けられ、乾いたふけがパラパラ落ちるのが「乾燥型」です。一方べとべとしたふけが爪にはさまるように取れるのが「脂漏(しろう)型」です。

ふけ症の原因
ふけ症の原因には様々なものがありますが、意外なものとしてシャンプーが挙げられます。本来シャンプーは頭皮を清潔に保つためのものです。しかし、含まれている成分と頭皮の相性が悪いと逆に痛めてしまうのです。これは化粧品やリンスなどにも当てはまります。また、生活習慣の乱れやストレスを感じていることにより引き起こされることもあります。

ふけ症の検査と診断
ふけ症の検査方法とは、まず一般的に皮膚科を受診します。そして医師により患部を見てもらいます。ふけが発生するのは頭部なので、皮膚に異常はないか、感染症による疑いはないのかを目で調べてもらいます。専門家であれば直ぐに診断する事ができます。まれに炎症を引き起こし痒みがある場合は皮膚を採取して顕微鏡で詳しく検査する場合もあります。異常がなければ乾燥による皮膚の異常となります。

ふけ症の治療方法
ふけ症の治療法としては洗髪方法の改善をはじめとして、食生活の改善禁酒禁煙などの生活習慣の改善が挙げられます。正しい洗髪によってふけの原因となる菌を洗い流し、皮脂を取り除くことで頭皮を生活に保つことが重要です。ぬるま湯で頭皮をしっかり濡らした後、シャンプーを少量泡立て、頭皮になじませましょう。マッサージのように指の腹を使って頭皮を洗います。

ふけ症の初診に適した診療科目

ふけ症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

ふけ症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ