声帯ポリープセイタイポリープ

声帯ポリープはどんな病気?
声帯ポリープとは、声帯に激しい刺激を与えたり、炎症が起こることによって、粘膜上皮下が出血して血腫が作られてしまう病気です。声枯れが主な症状ですが、喉や発声時に違和感を感じるといった症状もあります。ポリープは安静にしておくだけで、自然に無くなることもありますが、薬などを投与しても治らない場合は、ポリープを切除する手術が必要になることもあります。


声帯ポリープの症状
声帯ポリープの症状とは、まずは声帯のあたり、つまり喉のあたりに違和感を覚えることが最初の自覚部分となります。そこからさらに声が枯れてしまう、そしてその枯れた状態が数日、数週間ずっと続いてしまう、という通常では考えられない状況に陥ることで、病気の診断をすることができます。声帯に異常が現れるので、痛みであるとか、なにかがつっかえている感覚であるとか、そうしたものが長く続いたりするのです。

声帯ポリープの原因
声帯ポリープができてしまう原因としては普段の生活の中で発声する際に正しく声帯が使われていなかった場合や喫煙などでできてしまうことがあります。特に声を仕事としている人に多くでてしまう症状であり、完治するまでは発声が困難になります。予防策としては声を枯れるまで使わないことや普段から喉に効果がある飲み物を摂取することで抑制できます。

声帯ポリープの検査と診断
声帯ポリープの有無を確認するための検査方法は喉と繋がったいる鼻の穴から細いファイバースコープカメラを通していき、ポリープの位置や状態を検査していきます。ファイバースコープは円滑に作業するために極細になっていますが、ポリープの大きさ次第では痛みを伴う場合があります。検査にかかる痛みは喉だけでなく、鼻や耳に至ることもあります。

声帯ポリープの治療方法
声帯ポリープの治療法とは、直接皮膚にメスを入れる事はまずないです。口の中から専用の医療器具を使用してポリープを切除します。手術時間も長くは無く早く終わります。まれに麻酔を使用しますが、麻酔を使用しない場合もあります。ポリープを切除する理由は悪性腫瘍なのか良性の腫瘍なのかを判断する為です。切除したポリープを検査する事でその後の処置を考えます。

声帯ポリープの初診に適した診療科目

声帯ポリープの専門外来

声帯ポリープに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ