声門下狭窄セイモンカキョウサ

声門下狭窄はどんな病気?
声門下狭窄は、声帯の下部にある気道が狭窄することによって引き起こされる病気です。この病気には、先天性のものと後天性のものがあります。通常、気管は一部を膜様部によって構成されているものの、この膜が欠如しているために、気道の本来の役割が阻害されます。狭窄の程度によって、この病気の呼吸困難などの症状の程度も大きく変わってきます。


声門下狭窄の症状
声門下狭窄(せいもんかきょうさく)の症状についてです。交通外傷、気管切開、経口での挿管、原因不明の特発性などの理由により呼吸をすることが苦しくなります。それは声帯や声帯直下などが狭くなるからです。呼吸音が「ヒューヒュー」となる場合がありこの症例には長年の間、喘息と間違われ治療され続けることもあります。時には気管癌など、悪性疾患によることもあり注意しなければなりません。

声門下狭窄の原因
声門下狭窄の原因には、先天的なものと後天的なものとがあります。先天性のものは、輪状軟骨の形成異常(主に過形成)によります。後天性のものだと、気管内挿管(過去の他の病気の治療時に高位気管切開をし、カニューレと呼ばれるパイプ状の医療器具を挿入した)による損傷、その他の理由による喉頭外傷、気管外からの圧迫などが挙げられます。

声門下狭窄の検査と診断
声門下狭窄の検査方法には、画像検査があります。画像検査には、頸部の単純なx腺や、CT,MRI,そして、超音波検査があります。また、喉頭ファイバーは最も有効的で、最終的、決定的な判断に優れている方法です。そのほかにも、GERの存在が長期的にこの狭窄につながる例があり、その存在が疑われるような場合には、呼吸器機能検査なども行うことがあります。

声門下狭窄の治療方法
声門下狭窄は、耳鼻咽頭科によって治療をしてもらうのですが、その方法として保存的治療と手術的治療が採られることがあります。保存的治療法は、成長を待つ間、ステロイドなどの抗生物質で乗り越える方法です。一般的には保存的治療が行われるのに対し、侵襲が少ない手術的治療を採る場合もあります。しかし、手間や時間、コストがかかるといったマイナス面もあり、今後の課題となっています。

声門下狭窄の初診に適した診療科目

声門下狭窄の専門外来

声門下狭窄に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ