屈折性近視クッセツセイキンシ

屈折性近視はどんな病気?
屈折性近視とは、硝子体の厚さ調節がうまくいかないために起こる近視のひとつです。色々とある近視のなかでも最も多くみられるタイプの近視であると言えます。屈折性の近視は硝子体の厚さ調節の機能低下によるものですが、そのメカニズムは異なるものが2つあります。調節する筋肉の機能低下と、硝子体自体がそもそも厚くなってしまっているケースです。


屈折性近視の症状
屈折性近視とは、眼軸は正常な状態にあるが、眼球内の水晶体が常に近くのものを見ている分厚い状態となっているために遠方のものがぼやけて見える症状をさします。例えば、パソコンやテレビゲーム、読書など近くのものをしばらく見たのちに遠くの物を見ると見えにくくなる、といった状態です。一般に軸性近視とこの近視の2種類がありますが、前者は治らない近視。後者は治せる近視とされています。

屈折性近視の原因
屈折性近視にかかる原因としましては、大きく分けて二つに別れます。ひとつは、最も大きくので遺伝的なものがあります。遺伝的した場合はほとんどが小学校に入る前にははっきりと分かります。そして遺伝以外のものでは、ピント調整のしすぎです。つまり、テレビやゲーム、本などを読んで近くのものばかり見ていることによって生じる調節緊張状態が過度に続くと近視が進みます。

屈折性近視の検査と診断
屈折性近視の検査方法として、近視かどうかの視力検査を行います。近視である場合で、眼球の中のレンズの屈折に異常を訴えるならば、目の中の詳細な検査を行う事になります。目の中の検査を専用の機械で詳細に調べます。目に専用の機械で光を当てて、眼科の専門医が目の屈折状況を検査して、レンズに関する屈折に異常があるかどうかを調べます。

屈折性近視の治療方法
症状の程度が軽い屈折性近視の場合、目を休めるだけで近視の症状を緩和させる事が出来ます。症状が少し進行している場合は、視力を回復させるトレーニングを受けると視力を回復させる事が出来ます。メガネやコンタクトレンズを使用すれば、失った視力を取り戻す事が出来ます。レーザーを目に照射して視力を回復させる治療法も視力を回復させる効果があります。

屈折性近視の初診に適した診療科目

屈折性近視の専門外来

関連部位から他の病名を探す

屈折性近視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ