急性出血性直腸潰瘍キュウセイシュッケツセイチョクチョウカイヨウ

急性出血性直腸潰瘍はどんな病気?
急性出血性直腸潰瘍という病気になると、直腸に潰瘍が発生します。症状が進むと潰瘍からの出血や下痢などの症状が現れます。悪化すると、排便時に血が混じった便が出てくるようになります。出血の量が多い場合は貧血やめまいなどの症状が起きてくるので、病院に通院して輸血と手術などの処置を受ける必要があります。直腸の潰瘍を取り除く手術を受けると治すことが出来ます。

急性出血性直腸潰瘍の症状
急性出血性直腸潰瘍の症状について紹介します。この潰瘍は若い人にはほとんど発症する事はなく、重篤な疾患を有する寝たきりの高齢者が罹患しやすく、突然大量の出血(新鮮下血)を肛門からする事で判明します。下部直腸に潰瘍はできるものの、痛みがほとんどないので気付きづらい点があります。良性の疾患ですので止血が出来れば自然治癒が可能です。

急性出血性直腸潰瘍の原因
急性出血性直腸潰瘍での主な原因は、人間の直腸内にポリープが出来ていた場合、そのまま放置したままの状態であった事です、ポリープが肥大して潰瘍となって、便と擦り合う時に出血してしまう事です。その他には、あらゆるウイルス性の感染症によって、直腸の部分にウイルスが感染されて、直腸の部分に出血を伴う潰瘍ができてしまう場合があります。

急性出血性直腸潰瘍の検査と診断
急性出血性直腸潰瘍の検査方法として多く行われているのが、大腸の内視鏡検査です。この大腸への内視鏡検査を行うことにより、腸内の出血の状態や症状の詳しい状態を確認することが可能です。また、この病気であるかどうかを判断する材料にもなります。直腸内反転法という内視鏡検査の方法をとることで、詳細な腸内の状況を確認することができます。

急性出血性直腸潰瘍の治療方法
直腸からの出血を止める薬を服用することで、急性出血性直腸潰瘍の血便の症状を緩和させる事が出来ます。症状が進行していて出血が止まらない時は、直腸を切除して人工肛門を埋め込む治療法を受けると完治することが出来ます。症状が軽い場合は、動脈塞栓術で治療をすることが可能です。血管硬化剤という薬を使用すると、止血をスムーズに行なう事が出来ます。

急性出血性直腸潰瘍の初診に適した診療科目

急性出血性直腸潰瘍の専門外来

急性出血性直腸潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ