からせきカラセキ

からせきはどんな病気?
からせきとは、痰を伴わない乾いたせきのことです。この病気は、咽頭や気管支粘膜の誘引が刺激となり起こるものや、ほこりなどの異物が気道に入り起こる場合もあります。ですが、8週間以上せきが続く場合、特別な原因による可能性が高くなります。そのため、この症状のせきが長引く場合には、肺がんや気管支のがん、せきぜんそくなどと言った病気が疑われます。


からせきの症状
からせきによって起こる症状としては、痰などが絡まない咳が継続して起こることが挙げられています。通常の咳は痰が絡むなどの状態が続く場合がほとんどですが、乾いた咳が続くのが大きな特徴です。場合によってはこのような咳が続くことで息苦しいと感じる人もおり、重篤化すると呼吸困難に至る可能性も存在します。また、咳が出ると止まらないことが多くなっています。

からせきの原因
人間の咳が起こるメカニズムとして、肺などの呼吸器官に侵入する異物などに対処するための防御反応として、肺から勢いのある呼気と痰を放出します。この際に、痰を伴わない咳をからせきと言って、原因としては肺や気管支に炎症が起こっているために、痰を作り出す機能が失われているという事です。従って、痰の機能を回復するための炎症を治す必要があります。

からせきの検査と診断
長期に渡ってからせきが続く場合の主な検査方法としては、胸のエックスセン写真やCTで肺の様子を確認することがあげられます。感染症による疑いがある場合は、たんの検査と血液検査で調べます。アトピーやアレルギー性鼻炎からの咳は、これまでの症状や生活環境をチェックし、アレルギーテストを行います。高血圧の人は、現在飲んでいる薬が原因の場合もあります。胸焼けがある時は、食道内の内視鏡で胃食道逆流症を調べます。

からせきの治療方法
からせきは喘息などでも起こるものですが、最も危険な病気としては肺がんの兆候とあることがいえるのです。肺がんの初期症状ではせきこむことが多く見られます。そのためこのせきを止める治療法としては原疾患である肺がんを治療することが最も重要になるのです。多くの場合、肺がんを外科的に切除する手術を受けて、抗がん剤治療を受けることになります。

からせきの初診に適した診療科目

からせきの専門外来

からせきに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ