横隔膜下膿瘍オウカクマクカノウヨウ

横隔膜下膿瘍はどんな病気?
横隔膜下膿瘍とは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎などが進行して臓壁に穴があき、食物や膿などの内容物が腹腔内に漏れ出し、腹膜炎が起こります。その膿が横隔膜の下に溜まった状態のことです。激しい腹痛を伴うことが多く、高熱が出たり、悪寒、震えが止まらないなどが一般的な症状です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが、進行して発病するので、早めに治療することで、予防することができます。


横隔膜下膿瘍の症状
横隔膜下膿瘍は腹膜炎の一種で、激しい腹痛を伴いますか、ほとんど痛みが無い場合もあります。そのほか、高熱が出たり、震えが止まらないなどの症状が現れます。胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが進行して発病し、急性腹膜炎によるものが多く、緊急の処置が必要です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍がある方は早めに受診、治療することで予防することができます。

横隔膜下膿瘍の原因
横隔膜下膿瘍は、腹腔内の一部に炎症を起こし、膿瘍を作ることが原因となっています。この病気は、虫垂炎の後に化膿菌や膿が流れ込んだときや、胃や十二指腸が破れたとき、肝膿瘍や胆嚢炎などの後に発症します。食物や膿などの内容物が腹腔に漏れ出すことが要因となって腹膜炎が発症します。その他に、胃や胆道の手術の際にその汚染から引き起こされる場合もあります。

横隔膜下膿瘍の検査と診断
横隔膜下膿瘍の検査方法としましては、胸部X線検査で撮影した写真には、横隔膜下にガスの塊が写ります。これは孔の開いた腸管の臓器から漏れて出たガスの可能性がたかいですが、細菌が原因のガスの場合もあります。これは上腹部を押すと強い痛みの原因です。その他、血液検査や血沈検査やCRP検査などの炎症反応が高値となり、エコー検査やCT検査をすると、腹部の状態がより解ります。

横隔膜下膿瘍の治療方法
発症して間もない状態の横隔膜下膿瘍なら、抗生物質による治療で膿瘍を消す事が出来ます。ドレナージ法という治療法なら腹痛や背部痛の症状だけでなく、発熱や悪寒などの症状を緩和させる事が可能です。白血球が増加している時は、免疫抑制剤の投与を受けると貧血の症状を治すことが出来ます。症状が進行している時は、胆嚢を切り取る必要があります。

横隔膜下膿瘍の初診に適した診療科目

横隔膜下膿瘍の専門外来

横隔膜下膿瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ