不整脈原性右室心筋症フセイミャクゲンセイウシンシンキンショウ

不整脈原性右室心筋症はどんな病気?
不整脈原性右室心筋症とは、心臓の右心の全域、もしくは一部に機能障害や形態の異常が見られます。右心筋の繊維が脂肪変性することによるものですが、心筋生検を行うことによって発見することができます。その他、炎症反応や、不完全浸透を常染色体優先遺伝によって発病し、約半数は遺伝によるものです。この病気は20歳から30歳代の突然死の原因となります。


不整脈原性右室心筋症の症状
不整脈原性右室心筋症の症状として、心不全の表れである息切れやむくみ、不整脈の表れである動悸、めまい、立ちくらみ、失神などがあります。またそのほかに、胸部の圧迫感などのような不快感や、胸部の痛みが現れる場合があります。いずれも初めは状態が軽いため心筋症とは気が付きにくく、進行とともに頻繁に上記の状態を自覚するようになります。

不整脈原性右室心筋症の原因
不整脈原性右室心筋症という病気になる原因としては、心室性の不整脈により起こります、進行性であり右心室筋が線維化もしくは脂肪化してしまいます。脂肪化などが次第に右室全体に及んでしまい、場合によっては中隔以外の左室にも広がることがあります。また、この病気は心筋炎とも因果関係があるようです、このように複数の疾患が重なることで発症するのか一つの疾患で発症するのかは分かっていません。

不整脈原性右室心筋症の検査と診断
不整脈原性右室心筋症の検査方法はまず検査できる病院が非常に少ない事があげられます。健康診断では心電図や胸部単純写真で判断されることがありますが、主な検査は心エコーです。他には正確な診断をするための心臓カテーテル検査、24時間以上記録できる携帯型心電図、胸部X線などがあります。心筋症は原因不明のケースが殆どないので、気になる方は早めに受診する事をお薦めします。

不整脈原性右室心筋症の治療方法
不整脈原性右室心筋症の治療法は、薬物療法と手術によるものに分けられます。薬物療法は主に不整脈に対する対処療法として行なわれ、抗不整脈薬が用いられます。手術ではカテーテルの埋め込みや人工ペースメーカーの埋め込み、心筋の切除などが行なわれます。これらの手術は重篤な症状に対してのものであり、通常は不整脈治療薬による薬物療法が選択されます。

不整脈原性右室心筋症の初診に適した診療科目

不整脈原性右室心筋症の専門外来

不整脈原性右室心筋症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ