食道穿孔ショクドウセンコウ

食道穿孔はどんな病気?
食道の破裂と穿孔は、食道内に過剰な圧力がかかる激しい嘔吐により起こります。穿孔は内視鏡検査や鼻または口から器具を挿入する検査などでも起きることがあります。食道穿孔は明らかな境界があるものを指していいます。食道に穿孔が起こった場合、食道の外側の胸部に炎症が起きて、胸膜の間に体液が入り込み胸水となります。食道を修復する手術とその周囲の体液を排出する処置が必要です。


食道穿孔の症状
食道穿孔の症状としては、悪心、嘔吐、食欲不振があります。また腸蠕動音は減弱になっているか消滅します。通常は横隔膜より上で起こり、魚の骨や有鉤義歯など異物の誤嚥が原因の場合は初めのうちは穿孔の大きさが小さく、被覆されていることが多いため徐々に痛みが出てきます。穿孔が大きい場合の破裂状態であると激烈な胸背部痛、上腹部痛、嘔血、呼吸困難、ショック状態に陥ります。

食道穿孔の原因
食道穿孔とは食道に穴が開いてしまう症状のことです。この症状の原因としては、特発性のもの、医原性のもの、誤嚥性のものがあげられます。以外と多いのが医原性のもので胃カメラなどを飲み込んだ際に食道の内壁を傷つけしてしまいこそなんらかの衝撃で穿孔してしまうことがあります。重度化しますと胸膜炎などを併発してしまうので緊急手術が必要です。

食道穿孔の検査と診断
食道穿孔とは、食道壁が完全に破れた状態を指し、明らかな境界があります。この病気の検査方法は、激しい嘔吐により穿孔したした時は食道X腺造影検査やCT検査を実施し診断を確定します。異物の誤嚥などによって穿孔した時は、胸部レントゲン検査とCT検査を実施し、異物の位置や大きさ、穿孔の有無を確認します。その後、緊急内視鏡検査により異物の摘出を行います。

食道穿孔の治療方法
異物の誤飲による食道穿孔の場合は、食道に詰まっている異物を取り除くことで治療をすることが可能です。食道に傷が付いている場合は、消炎剤と化膿止めを服用しておくと食道の傷がすぐに治ります。食道が破裂している時は、異物を排除した後に速やかに食道の縫合手術を行なう必要があります。食道を縫合する治療法なら、回復のスピードが早いです。

食道穿孔の初診に適した診療科目

食道穿孔の専門外来

食道穿孔に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ