口内炎コウナイエン

口内炎はどんな病気?
口内炎とは、舌や唇の内側などの粘膜にできる炎症の事です。噛んでしまったり不正咬合による歯の刺激などから起こったり、ビタミン不足などの体の内部による事情、他にはストレスでもできてしまう事があります。治療法としては、軟膏を塗る、パッチを貼る、ビタミン剤を飲む、レーザー治療をするなどがあり、診療をする医師によって違ってきます。

口内炎の症状
口のなかにニキビが出来るイメージの口内炎の症状は食べ物がしみて痛みを感じてしまいます。そして場所によっては話すことも困難に感じてしまいます。食事を食べれなくなると困ってしまうので軟膏タイプの薬やシールタイプの貼る薬もあります。また、うがい薬で口のなかを清潔に保つことで痛みを和らげましょう。体が疲れていたり、栄養が偏っているときになりやすいです。

口内炎の原因
口内炎の原因にはいろいろなものがありますが、その多くが口内細菌の増殖によるものと、口内にキズがありそこに細菌が増殖した場合が殆ど占めているのです。このように口内に細菌を増殖させないためには、こまめに歯磨きをして細菌の増殖を防ぐ必要があるのです。治療には、炎症を抑えるクリームで症状を和らげることができますがそれでも痛みは残ります。

口内炎の検査と診断
口内炎とは、口内に炎症ができることですが、その検査方法は、その炎症した部分を探すことになります。これは軽い、局所的な症状のものなら検査は比較的簡単になりますが、時として、全身で起こるものというのも考えられます。この場合、血液検査等を行う必要が生じてきます。また、口角が切れる、粘膜が赤くしみているなどの症状が発見されれば、カンジダ菌が存在していることも考えられるので、その場合顕微鏡検査等もあります。

口内炎の治療方法
口内炎に対する治療法に関しては、人それぞれ治療の方法が合う場合と合わない場合がありますが、方法自体は色々あります。一つは市販の塗り薬を患部に塗って治療したり、同じく市販の飲み薬を使って治します。処方される薬にも塗り薬などがあります。また、保険が適用できなくて高額になってしまいますが歯科などでレーザー治療を行えば症状がすぐに治まります

口内炎の初診に適した診療科目

口内炎の専門外来

口内炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ