下痢性貝毒ゲリセイカイドク

下痢性貝毒はどんな病気?
下痢性貝毒とは、特定の毒性を持つ貝類を食べることによって引き起こされます。この毒を持つ貝は、いくつかの種類が知られていますが、これを食べることによって観察される下痢は、比較的症状が重いことが分かっています。子供や高齢者など、特に体力が弱いものがこれらの貝毒を摂取してしまうと、重症化してしまうようなケースも考えられます。


下痢性貝毒の症状
二枚貝が毒素を持つ植物性プランクトンを餌として食し、体内に毒が蓄積されている状態の貝を、人が食した場合に引き起こす症状が下痢性貝毒です。食後30分~4時間の間に、激しい下痢を引き起こし、腹痛、吐き気、嘔吐を伴いますが、3日以内におさまります。致命的にいたることはなく、過去に死亡例はありません。発熱がないため、他の食中毒と区別されます。

下痢性貝毒の原因
下痢性貝毒の原因は、有毒プランクトンを捕食して毒化した貝を食べたことによるものです。アサリやホタテ、ムラサキイガイなどの二枚貝が海中の渦鞭毛藻などの有毒プランクトンを捕食した結果、毒を持つようになり、それをヒトが食べて食中毒の症状を示します。加熱によって無毒化することはなく、貝の毒によって食味が変わることもありません。

下痢性貝毒の検査と診断
下痢性貝毒の検査方法についてについてはいったいどういったことをするのかということですが、まずは専門医による問診と目視からはじまります。この病気は食中毒でありますので専門医の詳細な問診によってだいたい検査は終了です。問診内容としては下痢はあるか、吐き気はあるか、嘔吐はあったか、腹痛があるかなどが重要項目として聞かれます。

下痢性貝毒の治療方法
下痢性貝毒の治療法としては、対症療法で、胃の洗浄や、人工呼吸などが挙げられます。いずれも、発症に対処するに過ぎず、解毒療法ではありません。毒素に対する抗体を作らせる血清療法や、有効な解毒剤はなく、特異療法としては有効なものはないとされています。胃の洗浄は、水や生理的食塩水によって、吸収されていない毒素を除去するために行われます。

下痢性貝毒の初診に適した診療科目

下痢性貝毒の専門外来

下痢性貝毒に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ